建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2019-10-04

マレーシア、2020年度予算案に不動産市場救済策を要請

  • 海外不動産ニュース

マレーシアでは住宅の供給過剰問題が長引いており、来年も市場の低迷が続くとみられている。市場の活力促進のため、住宅ローン規制の緩和、外国人が購入できる物件価格の引き下げ、不動産譲渡益税(PRGT)の廃止といった救済策を予算案に組み込むことが関係者の間で求められている。

2020年度予算については10月11日に発表される予定となっており、これらの要請が盛り込まれるのか、または別の救済策が発表されるのか注目されるところである。

今年1月より始められたHOC(Home Ownership Campaign:住宅購入奨励策)については、当初半年間(6月末まで)の予定で実施されたが、すでに12月末までの延長が決まっている。関係者はさらに2020年までの期間延長を要請しているという。

マレーシアの不動産市場は供給過剰などの問題に直面しており、2020年度予算は、住宅所有を奨励し不動産部門を活気づけるための政策を検討する良い機会になると期待されている。

HOCの延長やRPGTの廃止に期待を寄せる関係者も多いが、これらの要請が通ったとしても、市場全体を活気づける、もしくは供給過剰等の問題を解決するためのほんの小さなステップとなるにすぎない。

長引く供給過剰により、利回りは低下し、売れ残った物件については収益化が難しくなっている。アジア全体で見られる住宅適正価格の問題とは別に、この供給過剰が現在のマレーシアの不動産市場に重くのしかかっているのである。

現在の供給過剰が解消されるには、少なくとも3年はかかるとも言われており、様々な対応策を早急考えていく必要がある。そのために国による政策介入が必要となるが、必ずしも予算発表を待つ必要はないという意見もある。

外国人バイヤーの注目を集めるため長期滞在MM2Hビザの見直しを行うなど、今こそ外国人の物件購入に力を入れるべきタイミングだと関係者は話す。

【参照】Keeping fingers crossed for measures to spur property market

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。


【無料】マレーシアの不動産ガイド
マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料ダウンロード資料:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1,500万円以上の利益を確定させた投資家が監修

マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1,500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

  • マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
  • マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
  • マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする