エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-06-07

タイ・チェンマイの不動産を購入する魅力とは?コンドミニアムの価格は安い?

  • 海外不動産コラム


シンガポール、香港、中国などの不動産価格が急上昇している一方、タイ・チェンマイでは比較的安価なコンドミニアムを見つけることが可能です。首都バンコクと比べても、チェンマイの不動産価格はいまだにリーズナブル。

チェンマイはタイの大都市の1つで、自国の収入を得ながら、より質の高い生活を送る外国人もたくさん居住しています。今回は、タイ文化の中心地であるチェンマイにスポットをあて、町の概要から不動産価格、コンドミニアムなどの不動産を購入するのにおすすめのエリアなどを解説していきます。

“北方のバラ”の異名を持つ、タイの古都「チェンマイ」


バンコクから北へ約720キロメートルに位置するタイ第2の都市チェンマイ。「北方のバラ」とも称され、1296年以来続く美しい古都です。この地域は、モン族やタイヤイ族、ビルマ族などさまざまな民族が交流してきた歴史があり、それを起源とした建築や仏像の様式、言語、料理、工芸など「ランナー文化」という、タイ北部独特の文化や伝統が今もなお息づいています。

チェンマイは王国の首都として古くから発展し、現在でもタイ北部の文化・経済の中心地。手工芸が盛んでタイ芸術の拠点となっているほか、観光地としても人気が高く、周辺はタイ最高峰ドイ・インタノンをはじめとした山々による緑豊かな山岳地帯となっており、トレッキングの拠点しても知られています。

乾季は11月~1月。平均気温が約25℃と過ごしやすいことから避暑地としても人気があります。トレッキングやバード・ウォッチングなどは、涼しく花々が満開となるこの時期がおすすめ。なかでも11月には有名なイーペン祭が催されるため、お祭りとともにチェンマイらしいひと時が過ごせるでしょう。この時期にはタイ国内外から多くの観光客が集まってきます。

また、隣接するランプーン工業団地に勤務する駐在員など、多くの日本人が居住しています。その数およそ3,000名。日本人補習校もあるほか、リタイヤ後の長期滞在先としても人気があります。

日本からチェンマイまでは、バンコクのスワンナプーム国際空港経由でアクセス可能。チェンマイ国際空港は市街地の南西約4kmの場所にあり、タイ北部最大の国際空港として国際線が多数運航しています。

チェンマイとバンコクの不動産価格の比較


急速に拡大成長するタイの不動産市場は、主にアジア諸国からの投資が牽引しています。なかでも香港、中国、シンガポールの多くの投資家がチェンマイに注目。さらに、バンコク出身者をはじめとしたタイの富裕層もバンコクの喧噪から逃れ、リーズナブルなチェンマイで不動産を購入しています。

自然が多く残りつつ、ショッピングモールなどの施設も充実しており、程よいバランスで過ごすことができるのが魅力のチェンマイ。今日では、オーストラリアや欧州、米国からも、多くのファミリー層やリタイヤした人々がより質の高い生活を求めて移住しています。

チェンマイはタイ文化の中心地であり、国内最大都市のひとつです。それにもかかわらず、不動産価格はバンコクと比較しても半値程度で、依然として安価な物件が目立ちます。そんなチェンマイの物件をサンプルとして一つ抽出し、同程度の間取り、広さ、築年数の物件をバンコクの物件と比較してみましょう。

チェンマイ(コンドミニアム)2015年築45.0平米1ベッドルーム
1バスルーム
4,600,000タイ・バーツ
(約15,766,500円)
バンコク(コンドミニアム)2013年築52.0平米1ベッドルーム
1バスルーム
7,500,000タイ・バーツ
(約25,729,687円)


上段のチェンマイのコンドミニアムは、チェンマイで最も人気のあるニマンヘミン通りにあります。MAYAショッピングモールやOne Nimmanなどのほか、チェンマイ大学、チェンマイラーム病院など気軽にアクセスできる立地。市内中心部まではわずか10~15分程度です。

一方、下段のコンドミニアムは、バンコクの人気エリア、スクムビットに立地する都会的なハイクラスコンドミニアム。BTSアソーク駅、MRTスクムビット駅、ターミナル21等が徒歩圏内で、マックスバリュなど各種レストランやカフェが近くにあります。

チェンマイ、バンコク、どちらのコンドミニアムも立地条件は最高水準。チェンマイのコンドミニアムは、バンコクの物件に比べてやや小さいものの、築年数が2年ほど新しいうえ、価格は2,900,000タイ・バーツ(約9,948,812円)も安いことがわかります。

チェンマイで不動産を買うのにおすすめのエリア


ニマンヘミン

ニマンヘミンはチェンマイで最もおしゃれなエリアの1つです。バーやカフェテリア、ショッピングエリアなどが充実したエリアで飽きることはありません。外国人居住者にも人気があり良く知られている地域です。

ニマンヘミンのコンドミニアムは人気が高く価格は若干高めですが、それでも1ベッドルームのユニットは1,000,000~2,000,000タイ・バーツ(約3,434,293~6,868,586円)程度で購入可能。2ベッドルーム+2バスルームのユニットは、3,000,000タイ・バーツ(約10,302,879)くらいから相場がスタートします。

リバーサイド

ピン川に近いリバーサイドのエリアは、ニンマヘミンに比べて騒音が少なくファミリー層に適しています。ここでコンドミニアムのユニットを持つことの大きな利点の1つは、山や川が織りなす素晴らしい景色を楽しむことができること。

リバーサイドのコンドミニアムは、1ベッドルームのユニットで1,250,000タイ・バーツ(約4,293,818)から相場はスタート。一方、2ベッドルーム+2バスルームの広々としたコンドミニアムのユニットは、4,000,000〜5,000,000タイ・バーツ(約13,740,220~17,175,275円)となっています。

まとめ


タイ文化の中心地であるチェンマイにスポットをあて、町の概要から不動産価格、コンドミニアムなどの不動産を購入するのにおすすめのエリアなどを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

チェンマイでは、山々などの緑美しい景色を堪能できるコンドミニアムでも、気軽に徒歩で町の中心地へとアクセスすることができます。

このような利点からも、チェンマイは外国の投資家にとって最も人気のある都市の1つで、特に香港や中国の投資家が注目しています。タイでの不動産投資に最適な場所はバンコクかもしれませんが、いまだに安価なコンドミニアムの購入が可能なチェンマイは見逃すべきではないでしょう。

【無料】タイ不動産ガイド
タイの不動産投資情報の動向をまとめた、
「タイ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料EBook:タイ不動産ガイド
タイの不動産投資について10分で分かるガイドブック

タイの不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、

  • タイのおすすめ不動産投資エリア
  • 不動産投資先としてのタイの可能性
  • タイ不動産の税制・法制

などについて、を27ページに渡り解説しています。タイ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料ガイドブックをダウンロード