エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2017-12-21

リゾート不動産の「穴場」。マレーシア、ランカウイ島不動産ガイド。

  • 海外不動産コラム


「海外リゾート不動産投資」

この言葉を聞けば、アメリカのハワイやインドネシアのバリを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

近年は、東南アジアのリゾートが不動産投資先として人気となっており、タイのプーケットやフィリピンのセブ島、ベトナムのダナンなどには、海外から多くの投資マネーが集まっています。

そんな中、最近にわかに注目を集めている「穴場リゾート」があります。

それが、マレーシアのリゾート地、ランカウイです。

ランカウイはマレーシアの北端に位置する島で、マレーシアのリゾートとして最も有名な「ペナン島」を意識し、政府主導で「第二のペナン」をとなることを目指します。

そして、近年は増加する観光客に伴い、不動産の人気も高まっています。 そこで今回は

・ランカウイのリゾート地の魅力
・ランカウイのリゾート不動産投資先としての魅力
・ランカウイのおすすめ不動産

を紹介させていただきます。

新たな海外リゾート不動産投資先として、ランカウイに注目していただけると幸いです。

ランカウイとは?

免税の楽園・ランカウイ島


マレーシア北端部、タイとの国境付近に浮かぶ島がランカウイ島(Langkawi Island)。島の面積は約380 ㎢(日本の淡路島の約2/3の面積)程度ですが、太古の森とエメラルドの海に囲まれたリゾート地として広く知られています。

ランカウイ地図


また、ランカウイは「免税の楽園」と言われるように、島内で売られている商品には関税、酒税などの税金が一切かからないのです。例えば、缶ビールは1本約50円で販売されています。そのうえ、政府主導での観光開発計画も着々と進んでおり、昨今では、マレーシアや近隣諸国からの旅行者のみならず、ヨーロッパを中心に世界中からこの地に癒しを求めて訪れる旅行者が増えてきています。

アクセス

日本からランカウイ島までの直行便がないため、マレーシアの首都であるクアラルンプール、またはシンガポールを経由しなければなりません。

クアラルンプール経由の場合の所要時間は7時間30分、シンガポール経由の場合は6時間30分程度。その後、飛行機をもう1時間30分程度乗ればランカウイへ到着します。

ランカウイ島の高級リゾート地の紹介


優雅な旅行をしたいなら「タンジュン・ルー(Tanjung Rhu)」

ランカウイ島の北東部に位置するタンジュン・ルー。空港から車で30分という好立地の上、「タンジュン・ルー・リゾート」や「フォーシーズンズリゾート ランカウイ」の高級ホテルをはじめとした観光客に人気な施設やアクティビティーが豊富です。その中でも有名なのが「タンジュン・ルー・ビーチ」。白砂が特徴的であり、息を飲むほど美しいと人気を誇っています。

さらに、周辺にはケーブルカーやスカイブリッジなどがあり、ランカウイの自然を満喫できるアクティビティーが揃っています。

ウォータースポーツが楽しめる「パンタイ・チェナン (Pantai Cenang)」

パンタイ・チェナンはランカウイ島の南西部に位置する細くて長いリゾート地。「パンタイ」はマレー語で「ビーチ」を意味し、その名の通り、このエリアは島を代表するチェナンビーチが広がっています。

レストランやショップが海沿いに立ち並んでおり、賑やかな雰囲気が特徴です。また、パラセーリングやジェットスキーをはじめとしたウォータースポーツの多さも魅力の一つです。アクティビティーが豊富であるため、パンタイ・チェナンはランカウイの魅力がコンパクトに詰まっています。

神秘的な自然に囲まれた「ダタイ(Datai)」

ランカウイ島の北西部に位置するダタイはダタイ湾と熱帯雨林が共存している美しいエリアです。静かで神秘的な大自然の中にあるため、まるで楽園にいるような気分が味わえます。ダタイはランカウイ空港から車で約50分の所にあり、世界的に有名な「ザ・ダタイ」などの高級ホテルが海沿いや熱帯雨林の中に広がっています。

ランカウイへの観光客は増加中

マレーシアの政府系ウェブサイトLANGKAWI DEVELOPMENT AUTHORITYによると、ランカウイ島には年間360万人の旅行者が訪れています。マレーシアの首都クアラルンプールから約1時間のフライト、シンガポール、中国からの直航便もあり、交通アクセスがますます便利になっています。11年~16年までの観光客は以下のように増加しています。

図:ランカウイへの観光客数の推移

観光客数
2011年
2,815,000人
2012年
3,060,000人
2013年
3,415,000人
2014年
3,600,000人
2015年
3,625,000人
2016年
3,634,000人

出典:Langkawi Development Authority

また、観光客はインドネシアのバリ島と比較しても、決して少なくありません。

図:2016年リゾートエリアにおける観光客数比較 

 エリアバリ島ランカウイ
観光客数700万人360万人

出典:複数のデータより弊社作成

また、ランカウイ島の客室稼働率は年々上昇傾向にあり、2015年には、2011年比で7ポイント上昇しています。

観光客数が順調に推移していることから、2017年現在はさらに稼働率が上昇していると考えられます。

ランカウイ不動産セミナーに参加する

ランカウイの不動産投資市場は?

サービスアパートメントの需要が増加見込み

ランカウイ島はリゾート地であるゆえ、現在販売中の物件は、管理運営会社付きの物件が中心になります。所有者が好きな時に滞在することができ、滞在しない時はホテル、もしくはサービスアパートメントとして運用し、収益を得るという方式のものであることが多いです。

MyTourismData portalのデータによると、ランカウイでは観光客者数に対してホテル件数が少なく、島内ホテルは高い稼働率を保っています。そのため、サービスアパートメントの物件需要は今後も増加いていくと考えられます。

図:5つ星ホテル客室数比較 

エリア
バリ
ランカウイ
5つ星ホテル客室数
15,000
2,300

出典:複数のデータより弊社作成

ランカウイ不動産の投資価値

政府による後押しもあり、リゾート地として人気が高まっている背景をみれば、安定したインカムゲイン、そして、数年後の不動産の値上がりによるキャピタルゲインも十分に狙えます。リゾート不動産投資マーケットとして、このランカウイはポテンシャルが極めて高いと言えるでしょう。

しかし、現状ランカウイは物件の数がそう多くはなく、これからはリゾート不動産投資先として、魅力のあるマーケットと言えるでしょう。

外国人の購入規制免除!ランカウイのおすすめ物件


今後の発展に期待できるランカウイ島ですが、実際の投資先としてどのような物件があるのでしょうか。

今回は、マレーシアのディベロッパーである「チェナンリゾート社」「シノグレートウォール社」が開発し、「トロピカーナ マーケットプレイス社」が販売する「トロピカーナ チェナン」を紹介します。 「トロピカーナ チェナン」はサービスレジデンスが2棟(タワーA、タワーB)、ショップ、ワンダ レルム リゾート ランカウイ(WANDA REALM RESORT LANGKAWI)と呼ばれ、ホテルとして運営予定の低層一戸建てからなるプロジェクトです。



この物件の詳細を見る

最後に

海外不動産の投資先として「穴場」であるランカウイは、今後より世界から注目を集めるでしょう。海外へのリゾート物件の購入を検討されている方はぜひ、ランカウイの物件をチェックしてみましょう。

ライター:玉邑憲一
株式会社BEYOND BORDERSマレーシア支社長
東急リバブル株式会社にて9年の間、幅広い分野の不動産売買仲介業に従事。その後独立し、神戸にて大型収益不動産案件等に携わる。2015年にマレーシアに移住し、現地にて不動産の購入・売却のサポートに従事。大阪府出身。
【無料】マレーシアの不動産ガイド
マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料ダウンロード資料:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1,500万円以上の利益を確定させた投資家が監修

マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1,500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

  • マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
  • マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
  • マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする