2023-03-02

【マレーシア】建設費や人件費の増加に伴い、不動産価格の上昇傾向が続く可能性

  • 海外不動産ニュース

マレーシア不動産住宅開発協会 (Rehda) は、2023年の不動産価格が上昇傾向にあると話しました。代表者である Datuk NK Tong氏は、建築材料の高コストや、人件費の上昇に加え、マレーシア国内にてインフレが加速していることが要因であると述べました。

なお、マレーシアの不動産開発は順調で、2022年下半期には9,669戸が販売されました。2022年上半期の7,843戸から23%増加し、クアラルンプール近郊のスレンバンや、シンガポールとの国境があるジョホールバルが人気エリアとされています。

引用:https://www.malaymail.com/news/malaysia/2023/02/22/rehda-home-buyers-to-see-spike-in-housing-price-as-construction-labour-cost-increase/56193

当社でも、マレーシアにて不動産を販売しています。ジョホールバルの「JBCC」は政府主導の経済特区にあるコンドミニアムで、有名なホテルブランドも入居が予定されています。シンガポールへのアクセスもしやすく、不動産投資用としてはもちろん、セカンドハウスにもおすすめの物件です。

JBCCの物件資料ダウンロードはこちらから

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。