2023-02-09

【マレーシア】2022年におけるマレーシア国内空港の旅客数は5270万人を記録

  • 海外不動産ニュース

Malaysia Airports Holdings Bhd (MAHB) が運営するすべての空港における旅客数が、2022年に5270万人を記録しました。2021年の1072万人と比較して、4000万人近く増加したこととなります。

MAHBによると、「17の航空会社が32都市への運航を再開したあと、国際線の旅客数は合計1650万人を記録し、タイ、インドネシア、フィリピン、韓国、ベトナム、インド方面が多かった」と述べました。また、2022年12月の月間旅客数は合計680万人で、年間で最高の旅客数を記録しました。

とくに、ランカウイ国際空港とコタキナバル国際空港の旅客数増加率は高く、ランカウイ国際空港は51%、コナキタバル国際空港は39%を記録しています。2021年10月に国内の州間移動が解禁されたあと、2022年以降旅客数の増加が目立っています。

当社では、マレーシア有数のリゾート地であるランカウイ島にて、「トロピカーナ チェナン」を販売しています。アンダマン海に面しており、一面に広がるオーシャンビューを思う存分楽しめるコンドミニアムです。

引用:https://www.malaymail.com/news/money/2023/01/27/mahb-malaysia-airports-records-527-million-passenger-traffic-in-2022/52134

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。