建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2020-02-19

インドネシアが新しい首都に大規模な投資家を引き付けている理由

  • 海外不動産ニュース

新しい首都を建設するインドネシアの計画は勢いを増しており、推定340億米ドルのプロジェクトに関心を示している投資家が増えています。

ソフトバンクグループコーポレーションは、既に出資を予定していると伝えられており、インドネシアの海事・投資問題調整官ルフートパンジャイタンは、香港と韓国には数十億ドル規模で出資を考えている投資家がいることも明らかにしました。

首都の移転は、国の現在の首都であるジャカルタが、世界最速で沈没が進む都市の1つとして数えられており、さらに激しい渋滞と定期的な洪水に見舞われているために計画されました。ボルネオ島の新しい首都の建設はこれらの問題に対処することを目的としています。予定では、新しい都市は2024年には人口600万人の居住地となり、インドネシアのジャワ島を越えて経済成長を拡大するものとされています。

新しいビルドの利点

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領の最新の技術と持続可能性のイニシアチブによる新しい首都への野心は、市民、企業、投資家にとって将来を保証する都市開発がますます重要になっている証拠です。「投資家は、ゼロから構築される資本に貢献できるという事実に魅了されています」とJLLインドネシアのリサーチマネージャーのカリム氏は言います。「スマートで環境に優しい都市は、それを形作る上で技術とエネルギー企業の関心をさらに刺激しました。」

政府は、新しい首都のすべての交通機関が自動運転車を使用することを発表しました。これは、電気自動車会社とハイテク企業がパイの一部に注目することを意味します。地元のユニコーンGo-JekとSoftbankが支援するGrabはどちらも、開発中の自律型車両を備えており、潜在的なパートナーになる可能性があります。

「家、小売店、ホテルは2024年に予定されている人々の移動の前に設置される必要があるため、より多くの不動産投資がそれに続きます」とカリム氏は言います。

アグンポドモロランドなど、東カリマンタン州に存在するインドネシアの不動産開発会社は、今後のプロジェクトに投資機会を提供しています。

将来の展望

現在海に沈みつつあるジャカルタが首都の地位を失ったとしても、決してマップから脱落することはありません。1000万人を超える都市は、東南アジア地域で最も重要な貿易の中心地の1つです。そのためジャカルタに本社を置く企業が直ちにその本社を他の地域に動かすことは考えられません。

そのため、政府の優先事項はジャカルタのグローバル都市への発展です。都市再生のために400億米ドルの出資が予定されており、すでに新しい下水システムの建設とその大量輸送システムの開発に資金を供給する計画があります。

すべてが計画通りに進んだ場合、新しい首都は最終的に他のインドネシアの都市の発展のモデルとして機能する可能性があります。

 「ここでは規制が鍵となります」とカリム氏は言います。「政府は、緑の都市を作成する際に当初の計画に固執する必要があります。この州の大規模な森林伐採を防ぎ、ゼロから都市を建設することの落とし穴を避けるために、厳格な都市管理も必要です。


【参照】https://www.jll.com.au/en/trends-and-insights/investor/why-indonesia-is-attracting-big-investors-for-its-new-capital-city


海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。


    【無料】タイ不動産ガイド
    タイの不動産投資情報の動向をまとめた、
    「タイ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

    無料EBook:タイ不動産ガイド
    タイの不動産投資について10分で分かるガイドブック

    タイの不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

    本ガイドブックでは、

    • タイのおすすめ不動産投資エリア
    • 不動産投資先としてのタイの可能性
    • タイ不動産の税制・法制

    などについて、を27ページに渡り解説しています。タイ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

    無料ガイドブックをダウンロード