建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2020-01-28

シンガポール・マレーシア間を結ぶRTS、2020年4月までに協定締結へ

  • 海外不動産ニュース

マレーシアのアンソニー・ローク運輸相は、シンガポールとマレーシアを結ぶ高速輸送システム(RTS)プロジェクトについて、2020年4月までにシンガポール側との協定を締結できるよう全力を尽くしていることを明らかにした。

ローク運輸相はシンガポールを訪れ、担当者と「有意義な話し合いを行った」とし、両国とも今年4月までに締結を行えるよう努力していくことを確認したという。

RTSプロジェクトについては、2018年のマレーシアの政権交代による債務削減計画に伴い、一時中断されていた。

当プロジェクトは、ジョホール・バルとシンガポールを結ぶ2つの橋「コーズウェイ(Causeway)」と「セカンドリンク(Second Link)」の慢性的な渋滞を解消することを目的としており、完成すればシンガポールのウッドランズ(Woodlands)とジョホール・バルのブキチャガー(Bukit Chagar)間の4kmが結ばれることになり、1時間当たり1万人の乗客を運ぶことが可能となる。

当初は2024年の完成を目指していたが、2025年以降にずれこむと見られている。

ローク運輸相は、2020年4月までの期間を「実施段階」と位置づけ、プロジェクトを進めていきたい考えだという。

費用については、当初の計画から36%圧縮し、31億6,000万リンギ(約853億円)とすることで事業を継続すると発表されている。


【参照】Anthony Loke: Singapore And Malaysia To Conclude RTS Link Project By April 2020

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。


【無料】マレーシアの不動産ガイド
マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料ダウンロード資料:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1,500万円以上の利益を確定させた投資家が監修

マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1,500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

  • マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
  • マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
  • マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする