建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2018-12-08

ナミビアの不動産ガイド。購入規制や価格動向まで徹底調査

  • 海外不動産コラム


アフリカには、豊富な資源を持つ国が多く、その使い方によっては発展の潜在的能力を持っています。一方で、多くの国が国情不安(内戦、民族紛争など)、富裕層の富の独裁から来る貧富の差に悩まされていますが、中には平和で、政府がうまく機能している国もあります。そのような国の中には、不動産市場発展可能性を高く持った国もあります。

それではナミビアはどんな状態なのでしょうか?

ナミビアはどんな国?


 ナミビアは、1990年にようやく独立した、アフリカでも新しい国です。しかも、宗主国たる欧州の国からの独立ではなく、委任統治をしていた南アフリカから第二次世界大戦後強制的に併合され、そこからの独立でした。独立前には、南アフリカは、ナミビアにおいてもアパルトヘイト政策を実施していました。

 アフリカ南西部に位置する英連邦加盟国で、首都はウィントフック、通貨はナミビアドル(1ナミビアドル=約7.6円)です。

 面積は日本の約2.2倍、人口は2017年現在約260万人に過ぎません。気候は、国土全体が乾燥帯に属しています。

在留日本人は2017年11月当時51人でした。

   

ナミビアの経済と、不動産の価格推移


古くからナミビアの主要産業は鉱業で、2012年にはGDPの12%を占めました。なかでも最も大きな割合を占めているのはダイヤモンドの採掘です。独立後にはウランの採掘が急速に発達し、ダイヤモンドに匹敵する鉱業生産となっています。

 南部アフリカ関税同盟のメンバーであり、かつての支配国南アフリカへの経済的依存度は高く、多数の南アフリカ系企業が進出しています。人口は少ないこと、鉱物資源が豊富であること、インフラが整備されていることなどから、アフリカでは比較的豊かな国である一方、貧富の差が世界一激しいといわれています。

 IMFによると、独立より2-6%代の緩やかな経済成長を続けてきましたが、2014年から2017年の成長率はそれぞれ、6.35%、5.99%、1.08%、-1.16%、2018年には1.12%となる予定です。

2014年7月の、土地の価格の前年比上昇率はプラス4%で、1平方メートルあたり379ナミビアドルでした。

一方で、同年、第一国立銀行は、消費者の需要、鉱物の輸出などにより経済成長したことから、ナミビアの住宅価格の一年間の上昇率は15%であったと発表しました。

利回りは、首都ウィントフックで、100平方メートルの物件では10%、250平方メートルの物件では7.5%、リゾート地スワコプムントでは、100平方メートルの物件では9%、1,000平方メートルを超える物件では5.65%でした。

ナミビア不動産は外国人でも購入できる?


ナミビアでは、農地以外には、非居住外国人が購入するに当たって制限はありません。所有権の最も多くは、フリーホールドです。

ナミビアで不動産を購入するステップ 

ナミビアで不動産取引を行うためには、ナミビアドル、あるいは南アフリカランドを使用する必要があります。為替レートは、1ナミビアドル=1南アフリカランドと、固定されています。

売主の代理人として弁護士が、買主の代理人として不動産業者が交渉を行うのが一般的で、交渉が整ったら、弁護士が権利証の移転手続きを行います。

買主は権利証の売買の契約書にサインをした後、頭金として通常不動産価格の10%を支払い、不動産業者のエスクローに入れられます。

残金は、権利証の移転が完了するか、登記の移転が完了した後に、弁護士費用、不動産移転費用は実際の所有権の移転の一ヶ月前に支払います。

権利証は、非居住外国人が自由にナミビア国外に持ち出すことができ、不動産の売却をすることができます。

売主と買主双方は、規定された書類を提出し、売主は不動産の権利証の原本を提供することが求められます。

コモン・ローにより、販売完了時に存在した不動産の瑕疵については、その存在を知らなかった場合においても責任を負うものとされます。

ただし、物件調査の際に明らかに見える瑕疵や、特許上の問題においてはこの限りではありません。特許上の問題が存在する場合においては、買主は売買契約を解除し、返金を求めることができます。

売主が物件の状態や品質について誤った、あるいは偽の情報を提供した場合には、売主は、買主に対して減額などの責任を負います。

登記をするまでには、通常52日間かかります。

 

ナミビアにおける不動産購入時、売却時の「税制」


購入時

印紙税:不動産価格の0.5-1.5%

弁護士費用:800-2,500ナミビアドル(約67―208USドル)

不動産移転費用:不動産価格の12%

登記費用:300ナミビアドル。

賃料収入にかかる税金は、累進課税で、賃貸中の物件では15%のVATを差し引くことができます。築20年以上の建物では、年間4%減価償却をすることができます。


所有時:地方固定資産税

それぞれの地方自治体が税率を決定します。

2009-2010年の、ウィントフックにおける税率は、不動産価格の0.001578%-0.000434%でした。


売却時:

キャピタルゲイン税はかかりません。

          

ナミビアで不動産を購入するのにおすすめのエリア


スワコプムント


ナミビア西部の大西洋に面した沿海都市で、人口は3万人ほど、最も人気のあるビーチリゾート地であると同時に、ドイツの植民地であった時代の建築様式を留める都市でもあります。

2014年7月の、前年比価格上昇率は、96%にのぼり、一軒家の価格の平均値は824,600ナミビアドルでした。

ウォルビスベイ


ナミビア沿岸部の中部に位置する港湾都市で、1994年にようやく南アフリカから返還された都市です。イギリス、ポルトガル、ドイツと、歴代宗主国にとって貿易的価値が高い都市で、人口は6万人強です。

 2014年7月の、前年比価格上昇率は、46%で、一軒家の価格の平均値は900,000ナミビアドルでした。

首都ウィントフック


ナミビアの商業、工業、文化の中心地で、人口は約33万人、教会、図書館、美術館、中世ドイツ風の建物など、観光客にも人気のある清潔できれいな街並みです。

 2014年7月の、前年比価格上昇率は、マイナス9%でしたが、大学、大企業などが集まり、地方から賃貸住宅を必要とする人々がやってきます。一軒家の価格の平均値は887,500ナミビアドルでした。

 

まとめ


 いかがでしょうか?アフリカでは政情が安定し、平均所得の比較的高い国においても、これだけ統計、データをそろえることのできる国は少ないかもしれません。

 ただ投資に十分な情報がインターネットだけでは手に入るという状態には至らないため、実際に購入を考える際には、慎重に調査したほうがよいでしょう。

  SEKAI PROPERTYでは、デベロッパーと直接取引し、いち早く正確な情報を提供できるほか、現地日系企業とも複数提携しており常に新しい情報を入手することができます。海外不動産投資を検討している方はお気軽にお問い合わせください。