エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2018-06-22

モナコの不動産ガイド。購入規制や価格動向まで徹底調査!

  • 海外不動産コラム


モナコは地中海に面した南フランスでイタリアの国境沿いにあります。「お金持ちの国」としても有名で世界各国の億万長者が訪れる国でもあります。不動産価格もけた違いの価格で取引が行われ投資についても注目されています。そんなモナコですが不動産事情はどうなっているのか、ここでご紹介したいと思います。

モナコの不動産は外国人でも購入できる?


モナコの不動産ですが外国人でも購入が可能となっています。モナコは外国人はもちろん外国企業の不動産売買も可能であり外国人に対する敷居が低いといえます。治安がいい国としても有名なモナコは安心して暮らせる街としてセレブたちに愛されています。

モナコの不動産事情について


モナコはセレブたちから愛されてやまない国の1つです。その理由はいくつかありますがまずは治安の良さです。60人の1人の割合で警察が配備されており、犯罪ひったくり等がない国でもあります。税金の免除などもありビジネスのためにモナコの不動産を所有している人もいます。

モナコの不動産が高いことは想像がつくと思いますが、どのくらい高いとかいうとお隣フランスの3倍から5倍という高さになっており、物価が高いフランスの共稼ぎ世帯でも到底不動産購入が難しいくらいの価格帯です。

高いお金を支払っても安全を確保したい人、節税目的などさまざまな目的でモナコは注目を集めており、近年若干不動産価格は下落傾向にありますがそれでもまだまだ高嶺の花でもあります。

モナコで不動産を購入するステップ


不動産会社モナコ(不動産業者)で不動産購入物件を探す

モナコで不動産を取得する場合、不動産会社経由が一般的です。モナコの人口は3万人前後ですがこれに対して不動産会社はなんと120店舗以上あり需要の高さが伺えます。

しかし、日本人がモナコで不動産を購入したい場合、言葉の問題や商習慣の違いなどもあるので、モナコの不動産の取り扱いをしている日本の不動産会社に依頼するほうが安心でしょう。まずは複数の店舗をリサーチしてみましょう。

不動産会社の手数料は売り手から5%、買い手から3%となっています。またそ子の他に付加価値税19.6%の支払いもあるので購入に際してトータル22.6%の手数料がかかります。

資金の用意


モナコの銀行で資金を借りることは可能ですが。不動産の80%までというケースがほとんどです。金利は銀行によって異なりますが、だいたい6%前後となっているので日本の銀行を利用したほうがメリットが高いといえます。

SCI不動産民事会社の活用

モナコではSCI不動産民事会社の株を活用して不動産購入をする人も少なくありません。なぜこのような方法がとられているかというと、法人の取引会社の売買の場合不動産の売買の際に発生する公証人の費用支払いが免除されるためです。また購入者の個人名を伏せて購入できるといったメリットもあります。

モナコでの不動産民事会社は1400を超えると言われており利用率の高さもうかがえます。

不動産取得の税金について


モナコでは不動産取得の税金が非常に優遇されているのも特徴です。不動産税や住民税、財産税、相続税などの納税の必要がありません。また不動産の価値が上がった際の利益なども税金の対象になっていないので税金面でかなりメリットがあることがわかります。

取得完了手続きが早い

そしていよいよ購入です。代金を支払って登録が完了するまで約1週間程度となっています。なぜこんなに早いのかというと、モナコ自体コンパクトシティで公証人も建物の大方を把握しているなどといった事情もあります。スムーズにそしてトラブルがほぼなく購入できるのもモナコの不動産の魅力です。

モナコ不動産を購入するのにおすすめのエリア


Carré d'Or

モナコの不動産ならCarré d'Or と太鼓判を押す人も多いほど。Carré d'Orが人気の理由はモナコ公国条例で都市計画に指定されていることです。

都市計画に指定されたことで国際的な建築家たちの意見を取り入れ建設が進められています。街としてもさらに魅力をアップし注目されるエリアですこと間違いなしです。

Fontvieille

Fontvieilleは住宅街が広がっておりフォンヴィエイユショッピングセンターなどもあり環境が充実しています。生活する上でピッタリな環境が保たれています。穏やかな環境で暮らしたい人はFontvieilleへ不動産投資を検討してみるのもよいかと思います。

Condamine

Condamineは港がある地区です。海辺への住まいを希望される方におすすめです。モナコは地中海に面した地であり海も大事なシンボルです。

コンダミンヌ市場やサン・デボーテ教会なども近くにあります。海辺の家を希望している人も多いので景色がいい場所を狙ってみるのもよいでしょう。

まとめ


モナコ不動産は引き続き人気で下落傾向もほとんどありません。安定した市場となっています。節税なども期待できることからセレブたちから注目を集めています。また治安の良さも世界一といわれており安全が確保されているのも大きな魅力です。夜間でも安心して歩けるそんな街がモナコです。

ただし物件は高値でフランスの3倍から5倍が相場となっています。投資の敷居が高いのもモナコの特徴です。賃貸や売却でも顧客についてはそれなりの資産がある人が対象なので信頼面から考えると取引もメリットが高いと言えます。