エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-05-31

ハワイの不動産価格をデータで解説。価格推移や他の国との比較も!

  • 海外不動産コラム


ハワイの不動産価格履歴「移住したい国」として毎年のように上位に選ばれる国、ハワイ。

そんな国に別荘として不動産を持ちたいと思う方も多いのではないでしょうか?

でも気になるのが、「ハワイの不動産はどれくらいするの?」といったことでしょう。

また、「自分も住みたいし、将来的には売却も考えている」といった方にとっては、将来的に資産価値が上がっていくのかどうかは気になりますよね?

そこで今回は、ハワイで不動産購入を検討されている方に向けて、ハワイ不動産の市況と相場観をつかめるよう、

  • ハワイの不動産価格は他の国と比べて高いの?
  • 不動産価格は上がっている?それとも下がっている?
  • ハワイのどのエリアの不動産はいくらくら?

といった情報を提供します。

ハワイの不動産価格を5ヶ国と比較

まず、ハワイの不動産価格を他の国と比較してみましょう。

以下は、ハワイ、ジャマイカ、アメリカのカリフォルニア、カナダのオンタリオ、プエルトリコ、メキシコの不動産価格を比較した図です。

図:各国の不動産価格の中央値


出典:Zillow

上の図を見ると、ハワイの不動産価格は、カリフォルニアの不動産の約1.7倍、メキシコの約7倍となっており、不動産価格は既にかなり上昇していることが分かります。

また、米ニュースメディアのFortuneBuildersによると、ハワイ・ホノルルの住宅の中央値段は677,000ドル(7,400万円)で、カリフォルニアの住宅指数の約2倍となっています。

20年以上も上がり続けてる?ハワイの不動産価格推移

次にハワイの不動産価格の推移を見ていきましょう。

以下の図は、ハワイにおけるコンドミニアムの平均価格推移です。

図:ハワイのコンドミニアム平均価格推移


出典:Honolulu Board of REALTORS

ハワイのコンドミニアムのは2000年以降、価格は堅調に伸び続けており、2001年の同時多発テロ事件や2008年のリーマンショックの際にも大きな影響を受けていません。

アメリカの大手不動産ポータルサイトZillowは、2018年にハワイの不動産は3.3%上昇すると予測しており、2018年から2019年にかけてはさらに3.3%上昇すると見込んでいます。

ハワイの島別不動産価格の比較


出典:Zillow

ハワイの主要島には、ニイハウ、カウアイ、ホノルル、オアフ、モロカイ、マウイ、ラナイ、カフラウェー、ビッグアイランド(ハワイ郡)などがあります。

今回は、その中でも6つの島に絞って不動産価格を比較します。

まず、最も不動産価格が高いのが、ハワイの人口の70%を占めているオアフ島です。

オアフ島では、2017年に戸建ての平均販売価格が1%上昇し、マンションは3.2%増加しています。

2017年のハワイの平方フィートあたりの中央値は503米ドルでしたが、自宅での販売価格は$ 546,800 USDです。昨年の賃貸料の中央値は2,300ドルでした。

図:ハワイの主要都市における住宅価格指数


出典:Zillow

Zillowのデータによると、ハワイ郡にあるヒロ地区では、住宅価値の平均値が30万ドル(約3,300万円)であるといいます。

また、ホノルルのカイルアは、住宅価値が94万5,700ドル(1億400万円)と最高になっています。オアフ島に位置するWaipahuは、60万400ドル(6,600万円)の価値があります。

まとめ

ハワイの不動産価格は、今後も堅実に上昇していくことが予測されているため、たとえ高価な買い物であったとしても、売却時に利益が出ていることもめずらしくはないでしょう。

ハワイに移住を検討している方は、ぜひハワイ不動産の購入を検討してみてはいかがでしょか?

SEKAI PROPERTYではハワイの不動産の購入についてご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

ハワイ不動産について相談する

【無料】ハワイ不動産ガイド
ハワイ不動産について体系的に理解できる、「ハワイ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

旅行者や移住者を惹きつけてやまないハワイ。
近年は、節税の手段としてハワイの不動産投資が注目されています。

今回は、そんなハワイにおける

  • 不動産投資の可能性
  • 節税が期待できる減価償却の仕組み
  • 不動産投資をするのにおすすめのエリア

など、25ページに渡り解説しています。

ハワイ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする