2022-11-07 更新済み

4,477万円 ~ 4億429万円

ザ シーズンズ レジデンス 秋タワー(THE SEASONS RESIDENCES AKI TOWER)

フィリピン タギッグ ボニファシオ・グローバルシティ

56.5 ~ 117.0 ㎡   1 ~ 3 ベッドルーム

【三越直結タワーレジデンス】ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)に位置する注目物件

建物タイプコンドミニアム
交通地下鉄駅が建設予定(2027年全線開通予定) / 物件から徒歩約5分
建物の階数地上47階建て
完成年2026年 予定
総戸数337
開発会社/不動産会社フェデラルランド(Federal Land)
専有面積
56.5 ~ 117.0 sqm(㎡) / 608.16 ~ 1259.38 sqf
所有形態所有権

0120-990-388

上記フォーム内容を送信することにより、
個人情報の取り扱いについてへ同意したこととなります。

フロアプラン

  • UNIT D

    • 117.0㎡
    • 3
  • UNIT G

    • 56.5㎡
    • 1

担当者コメント

ザ シーズンズ レジデンス(THE SEASONS RESIDENCES)は、フィリピン首都マニラのコンドミニアムです。全4棟で構成される物件で、2026年に竣工を予定しています。なお、本物件は、月々10万円〜の分割払いが可能です。

【ザ シーズンズ レジデンス(THE SEASONS RESIDENCES)の特徴】
・野村不動産&三越伊勢丹HDが参画
本物件の開発には、日本国内大手デベロッパーの「野村不動産」と、日本を代表する商業施設を運営する「三越伊勢丹HD」が共同参画しています。また、東京ミッドタウンや六本木ヒルズレジデンスなどを設計した「日建設計」も加わっており、日本のノウハウが詰まったプロジェクトです。

・注目のビジネス街「ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)」内に立地
ザ シーズンズ レジデンスは、マニラ首都圏の新たなビジネス街として注目されている「ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)」に位置します。有名企業が入居するビルや、富裕層向けの商業施設、高級レストランなどが立ち並ぶエリアで、今後の住宅需要拡大が見込まれます。

・日本人が住みやすい環境
本物件は、日本の大手商業施設「三越」に直結しており、日々の買い物や食事をするために立ち寄れます。また、各部屋には、ウォシュレット付きトイレや床下収納といった基本設備に加え、建物自体に制震バンパーが取り付けられています。日本大手のデベロッパーが参画していることもあり、日本人の方も住みやすい環境が整っています。

売主情報

フェデラルランド(Federal Land)

Federal Land(フェデラルランド)は、大手銀行 Metrobank Group (メトロバンク・グループ)を有するコングロマリット企業 GT Capital Holdings(ジーティー・キャピタル・ホールディングス) の傘下に属する、フィリピン大手の不動産開発会社です。 1972年に創業し、50年近くにわたって高品質の住宅を開発しており、不動産ディベロッパーとしての地位を確立してきました。また、不動産開発だけでなく、サステイナビリティへの取り組みも積極的に行っています。マニラ首都圏のマカティに位置する47階建てのGTタワー・インターナショナルを建設したデベロッパーです。

所在地

0120-990-388

上記フォーム内容を送信することにより、
個人情報の取り扱いについてへ同意したこととなります。
\n