建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2019-09-17

ジョホール州とシンガポール、物件価格の違いは?

  • 海外不動産ニュース

ジョホール海峡を挟み、目と鼻の先に位置するマレーシア・ジョホール州とシンガポールだが、不動産事情には大きな開きがあるようだ。

ジョホール州とシンガポールの物件価格について比較を行ったところ、シンガポールの物件の方が全体的にかなり高額であることがわかった。(物件については、シンガポールが中古HDB(公営住宅)、マレーシアがジョホール州のフラット(土地は除く)で価格の比較を行っている。)

ジョホールバルやプテリなど、ジョホール州で最も高価とされる地域の物件でも、イーシュンやアンモキオ、ウッドランズなどのシンガポールの比較的安価とされる地域の物件より安い価格設定となっている。

この結果のみを見ると、シンガポールの人々はマレーシアの手頃な価格の物件に飛びつきそうなものだが、マレーシアには「外国人の不動産購入は原則として100万RM(約2,500万円)以上」とする規制が設けられている。

ジョホール州については外国人(特にシンガポール人)による不動産購入が多いこともあり、MM2Hビザ所有者においては一部50万RM(約1,250万円)から購入可能とする案も検討されているという。

シンガポールのバイヤーには、プテリやジョホールバルなどの100万RM(約2,500万円)の物件が人気だという。ジョホール州の物件の多くはシンガポールのHDBより広く、駐車場付きであることもポイントである。

またマレーシアは、東南アジア諸国では珍しく、外国人の土地購入が認められている。土地付きの物件が手の届く価格であることも、シンガポールのバイヤーにとっては大きな魅力である。(シンガポールで土地付きの物件を購入できるのは超富裕層のみに限られる。)

ジョホール州の物件価格が、多くのバイヤーを惹きつけていることは間違いないが、地理的な要因も大きい。住宅を購入する際は、長期的な生活の観点から検討する必要があり、家族の近くを選ぶ人、通勤の利便性を選ぶ人など様々であろう。シンガポールから1時間程度のジョホール州は、そのような面でも魅力的だと言える。

【参照】How much cheaper are flats in Johor compared to Singapore?

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。


【無料】マレーシアの不動産ガイド
マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料ダウンロード資料:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1,500万円以上の利益を確定させた投資家が監修

マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1,500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

  • マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
  • マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
  • マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする