建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2017-03-13

海外スティで永住権を取得したい人必見!永住権が取れやすい国をご紹介

  • 海外不動産コラム

海外滞在にあたり外国人である私たちにとってビザの問題は重要な問題です。観光など短期滞在の場合、ノンビザ滞在が許されますが長期となるとビザが必要となります。永住権も含めてビザを検討している方はどういった国がおすすめなのか、ここでご紹介したいと思います。


人気移住先:フィリピン

永住権が取れやすい国No1と言っても過言ではないのがフィリピンだ。預貯金証明ゼロ、年齢不問で申請が可能である。日本人がフィリピンで永住権を取得できるのは1年で50名となっている。以前は50名のエントリーでも余裕があるくらいの応募者数だが、近年は急増しており競争率が高まっている。今のうちに永住権を取得しておくのも1つの手段だ。

人気移住先:タイ

タイでも永住権の取得は可能だ。ただしいくつかの条件をクリアしていないといけない。タイで永住権を取得しやすいのがタイ人配偶者がいるケースである。タイ人配偶者がいる場合、家族ビザでの滞在も可能だが永住権を取得しておけば、万が一離婚した場合や、配偶者が先だった場合もタイへ滞在することが可能である。タイ人配偶者がいる方は、ぜひ永住権の取得を検討したいところだ。

人気移住先:シンガポール

シンガポールに留学してそのまま現地で勤務するといった人もいるだろう。シンガポールで現地勤務経験がある日本人に対して永住権取得の権利を与えている。これはぜひ活用したい。シンガポールは就労ビザにランクがあり、4大卒以上さらに職種によってランク分けされている。ランクが低いと永住権取得の対象にならないので注意が必要だ。まずは永住権取得の対象になっているか、自分のビザランクを確認したい。

人気移住先:アメリカ

アメリカ移住は非常に人気が高く、世界各国から多くの人が応募に殺到する。アメリカ移住で有名なグリーンカード取得は「抽選」である。しかしこれはべらぼうに倍率が高く宝くじに当たるかどうかのレベルである。アメリカ移住ならアメリカ人配偶者の存在が最も身近だ。アメリカ人配偶者がいれば永住権は取りやすい。アメリカ人と結婚したらすぐに永住権取得の準備に取り掛かるのがベストだ。

人気移住先:インドネシア

インドネシアも移住先として人気だ。バリは特に人気が高い。インドネシアでも永住権は取得可能である。インドネシアで永住権を取得するには5年以上のビザ所有およびスティが必要だ。長期滞在の許可が出ており、かつ居住が許されている人に限定される。まずはこの条件をクリアしているか?が重要である。


著者:タカピオ