建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2016-03-06

マレーシアの不動産投資・購入が魅力的な4つの理由とは?

  • 海外不動産コラム

マレーシアは、ペトロナス・ツイン・タワーに象徴されるよう、都市開発がすすめらる一方で、イギリスの統治下だった頃の名残も残った、新旧の要素が混ざった東南アジア有数の国際都市です。

日本人のリタイア後の移住先としても人気なマレーシアは、治安もよく、物価も日本の3分の1なため、日本人にとって住みやすく、一つランク上の生活を送ることができる国と言われています。

特に多文化の混ざり合った賑わいのあるマレーシアの首都、クアラルンプールへの投資または移住をされる方が多くなっています。

では実際に、マレーシア不動産投資または不動産購入の動向はどうなっているのでしょうか?

 

人口動態

image (2)

このグラフから分かるように、年々人口が右肩上がりのマレーシア。

人口増加率は2002~2012年平均で換算すると、年1.8%と上昇傾向であり、総人口約56%が29歳以下と若年層が圧倒的多いことも特徴。

今後もますます人口も増えると予想されるため、不動産投資に期待が持てます。

 

マレーシアの外国人に対する不動産購入規制

実は、マレーシアは東南アジアの中でも数少ない、外国人が土地付住宅を購入そして所有できる国です。

しかし、外国人が購入できる物件の最低購入金額が3000万円という制限があるため、富裕層が集まるところでもあります。

価格の制限はあるものの、住宅であれば何戸でも取得出来、外国人の名前で登記が出来るという魅力あるため、外国人の不動産取得が年々多くなっています。

お手頃価格のマレーシアのコンドミニアム

首都クアラルンプールの一般的なマンション(コンドミニアム)は、日本やほかの国と比べて物件価格が安いところが、マレーシアでの不動産購入の魅力です。

各国の高級コンドミニアムの価格を比較すると、世界でも物件価格が高い香港やニューヨークと比べて、マレーシアのコンドミニアムは4/1~6/1も安くなっています。

そのことから、日本よりもランク上の生活を送ることができるため、マレーシアでの不動産購入が人気を集めています。

*コンドミニアムとは?

blue-21926_1280

日本語でいう分譲マンションのことです。大体のコンドミニアムにはプールやジム、テニスコートなどが併設されていることが多く、日本では味わうことができないような快適な生活が送れることから、大変人気です。

マレーシアの驚きの税金制度

マレーシアの不動産が魅力的な理由はその割安感だけではありません。

なんと、マレーシアでは不動産の取得や保有、売却にかかる費用が安くすむという利点があります。

また、マレーシアには住民税、相続税・贈与税がゼロの国で、日本と比べ税金で困ることも少ないといえます。

マレーシアの永住権を取得し、住所をマレーシアに移すことで日本の住民税を払わずに済んだり、マレーシアの不動産を取得しても現地で相続税や贈与税が発生しなかったり(日本居住の場合は日本に払う必要があるが)など、日本の高い税金と比較すると大変魅力的となっています。

 

    【無料】マレーシアの不動産ガイド
    マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

    無料ダウンロード資料:マレーシア不動産ガイド
    マレーシアの不動産投資で1,500万円以上の利益を確定させた投資家が監修

    マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

    本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1,500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

    • マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
    • マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
    • マレーシア不動産投資の5つのメリット

    などについて、40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

    無料で資料をダウンロードする