エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-06-25

ベルギー王国不動産ガイド。購入規制や価格動向まで徹底調査

  • 海外不動産コラム


ベルギーの不動産購入を検討する際、こんなことを疑問に思いませんか?

  • ベルギーでは外国人でも不動産を購入できるの?
  • ベルギーで不動産を購入するメリットは?
  • どんなエリアで不動産を購入するのがおすすめなの?

そんな疑問に答えるため、今回はベルギーの不動産を購入する際の規制や、購入ステップ、おすすめのエリアまで解説します。

ベルギーはどんな国?


ベルギーは西海岸性気候です。日本よりやや涼しく1年を通して住みやすい国といわれています。日本人居住者は大体5千人前後です。

ベルギーの不動産は外国人でも購入できる?


外国人がベルギーの不動産購入する際に特に制限はなく、自由に不動産を購入することが可能です。

ベルギーの不動産事情


ベルギーの不動産事情ですが近年はアメリカ企業の進出やEUの国際機関の設置などの関係もあり購入者が続出しています。

その影響から不動産探しは困難になりつつあり物件探しも大変といった声が多く聞かれます。需要が伸びている状況なので早めの投資がおすすめです。

ベルギーで不動産を購入するステップ


不動産業者で不動産購入物件を探す

ベルギーで不動産探しをするのは不動産エージェントを経由するのが一般的です。しかし物件探しには時間がかかることを覚悟しておかなければなりません。

特に今は需要が殺到しておりなかなかめぼしい物件が出ないうえに、事務手続きや引き渡しまでに時間がかかることが多く、長期戦となるケースが多い状況です。急ぎの物件探しは危険も伴います。

また日本人がベルギーで不動産を購入したい場合、言葉の問題や商習慣の違いなどもあるので、ベルギーの不動産の取り扱いをしている日本の不動産会社に依頼するほうが安心でしょう。

ベルギー不動産取得に関する税金

ベルギーは消費税が高い国でもあります。消費税ですが21%となっています。不動産購入については新築の場合21%、中古物件の場合10%から12%です。地区によっても消費税は異なるので確認が必要です。

ベルギーでの不動産購入の注意点

ブリュッセルでは治安が悪い地域もあります。また外国人移住民の規制があるエリアもあるのでそちらも確認したうえで不動産購入をすすめることが大事です。このあたりもリサーチをしっかり行ってくれる日本の不動産エージェント経由で購入した方が無難です。

ベルギーで不動産を購入するのにおすすめのエリア


ブリュッセル イクセル

ブリュッセルは110万人もの人口を抱える都市です。そのうちの75%は外国人といわれているほど外国人居住者が多い地区でもあります。

イクセルは日本大使公邸があるエリアです。このエリアは重厚な建物が多いエリアであり家賃も高めです。日本の世田谷のイメージだと思えばよいでしょう。

公園なども多数あるので家族世帯にも人気の場所です。日本人駐在員も多く滞在するエリアです。賃貸需要も上々で地価も下がりにくい場所なので不動産投資にもおすすめのエリアとなっています。

移住先としてもここなら安心して暮らせるといった声も高く、治安もいいエリアです。外国人居住者も多いので家賃も高めの設定で可能な場所でもあります。

ウックル

ウックルも移住者に人気の高い地です。日本人駐在員もイクセル以外となるとウックルを選択する人が多いです。ウックルはEdith Cavellという私立病院があり日本人でもこの病院を利用する人が多く利便性の高い場所でもあります。

ウックルはブリュッセルの南部にある街です。イクセルより家賃も安く不動産物件も若干値段が落ちるので投資にもおすすめのエリアとなっています。とは言っても人気が高い地区なので賃貸需要についても引き続き好調です。

ウックルはダヴィッド&アリス・ヴァン・ビューレン美術館もあります。高級住宅街で街並みも品があります。

ボワフォール

ボワフォールは比較的新しいエリアで第二次世界大戦後に建築された建物が多い場所でもあります。近代的なヨーロッパの街並みを見ることができるエリアです。このエリアはインターナショナルスクールが多いエリアであり外国人一家の居住が多い場所でもあります。

日本人駐在員でもインターナショナル校に通わせている家庭ではここを居住先として選ぶケースも多いです。

まとめ


ベルギーは外国人居住者が増えている国でもあります。特に外資系企業の参入が多くアメリカ企業をはじめ、参入が積極的にすすんでいることから今後日本企業も参入する可能性が高い国でもあります。

不動産については賃貸の需要も多いことから投資も含め物件探しに時間がかかります。逆に賃貸ができる状況であれば比較的容易に賃貸業をスタートさせることが可能です。

ヨーロッパの特徴としては地震が少ないこともあり古い物件もきれいな状態であれば購入時とさほど変わらない価格で売却されることも少なくありません。