建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

2018-06-20

トルコの不動産を購入するポイント!投資情報や価格動向まで徹底調査

  • 海外不動産コラム


中東に位置するトルコ共和国は親日国としても知られており、日本からも多数のツアーが開催されています。

最近ではトルコに移住する日本人も増えており、今後ますますトルコが注目を集めそうです。そんなトルコですが今回は不動産事情についてご紹介したいと思います。

トルコの不動産は外国人でも購入できる?


トルコでは外国人の不動産所有が認められています。個人でも気軽に購入することが可能であり近年はイスタンブールをはじめ地価が高騰しています。以前はトルコに法人がある外国人でないと購入が難しい状態でしたが、現在は個人でも不動産購入が可能となっており不動産投資としても注目を集めています。

トルコの不動産事情


トルコで人気が高いのはイスタンブールです。外国人の購入が許可されてから外国人投資家や移住民の購入が増え地価が高くなっています。

海辺の地域も人気でイズミールなどではヨーロッパ諸国の人やアラブ系の住民の購入も増えています。地中海に面した場所で気候が穏やか、さらに食事もおいしく住みやすいと評判のトルコですが今後さらに移住者が増える可能性もあります。

トルコで不動産を購入するステップ


不動産業者で不動産購入物件を探す

トルコでの不動産探しは不動産屋で探すのが基本となります。地元の不動産業者と外資系フランチャイズの不動産屋があります。外資系フランチャイズの不動産屋の方が規定もしっかりしており対応がいいと評判です。

しかし日本人がトルコで不動産を購入したい場合、言葉の問題や商習慣の違いなどもあるので、トルコの不動産の取り扱いをしている日本の不動産会社に依頼するほうが安心でしょう。

資金の用意


トルコの銀行では外国人についても融資を実施しており利息は変動金利と固定金利の両方があります。トルコは金利上昇度が高い国でもあり日本の銀行の方が金利が安く借りやすい傾向にあります。

仲介手数料や税金

トルコの不動産屋を利用した場合仲介手数料は2%から3%程度となっています。その他VAT18%ほどかかります。不動産取得税ですが4%ほどかかります。その他固定資産税もあります。固定資産税は非住民の場合0.2%、住民の場合0.1%ほどとなります。ただしイスタンブールの場合は住民でも0.2%になるので注意が必要です。

トルコの不動産取得で必要な書類

トルコの不動産取得で必要な書類は下記となります。

  • パスポート
  • 写真3枚
  • 不動産売買契約書
  • 外国人登録番号あるいはTax No.

不動産を購入するのにおすすめのエリア

イスタンブール


トルコの不動産で一押しはイスタンブールのエリアです。イスタンブールでも街中だとさらに良いでしょう。イスタンブールがおすすめの理由は首都で人気の物件が多いことアパートメントやプール付きの物件など種類が豊富で場所が良ければ中古物件も新築とさほど変わらない価格で売買できる点です。

イスタンブールでは中古物件も人気で改装して住む人も少なくありません。また近年は外国人の不動産投資が増えており物件の価格も上昇しています。イスタンブールはトプカプ宮殿やハギア・ソフィア大聖堂など人気スポットも多く観光スポットも楽しめます。

首都の不動産物件は何かと需要が多く手放すときにも何かと有利です。ぜひイスタンブールで検討してみてください。

カッパドキア


カッパドキアは観光スポットで有名です。トルコ入りの際はカッパドキアは外せないといった人も少なくありません。ハーネム・アートセンターやハドサンなど観光スポットもおすすめです。世界遺産登録されているカッパドキアは奇岩が特徴的で、どこか異次元の世界に迷い込んだ感覚に陥ります。

こんな場所に住めるなんてすごいと思うこと間違いなしです。また観光都市なので観光客の集客も見込めます。AIRBINなどで集客するのも良いでしょう。人気スポットなので不動産価格の下落もおそらく心配ないかと思います。

パムッカレ


パムッカレはヒエラポリス遺跡やパムッカレ・テルマルなどがある観光地です。ここは宿泊施設も含めて建物があまり多くない反面、観光客が多く押し寄せるスポットであり観光客向けの賃貸などがおすすめです。

イスタンブールに比べたらかなり安い価格帯で不動産を手にいれることができます。世界遺産の1つとなっており今後さらに栄えること間違いなしです。世界遺産都市に不動産を所有しているなんて夢のある話でもあります。

移住を検討していて温泉好きならパムッカレが一押しです。ここで将来的な不動産投資を見当しつつ温泉を楽しむのも良いでしょう。

まとめ


イスタンブールは観光国家でもあります。日本からも多くの観光客が押し寄せますがヨーロッパやアジアからトルコを訪れる人も多く人気の高い都市です。物価が安いといわれているトルコですが外国人の不動産所有が認められてからは投資用に購入する外国人も増えており不動産についても上昇傾向にあります。不動産投資をするなら早めがおすすめです。

トルコは移住先として今後さらに人気になる可能性が高い地です。物価もさることながら食べ物がおいしいことでも評判で日本人にとっても居心地のいい国となっています。

将来不動産価格が上昇することは十分ありえるのでここで物件を所有し別荘かわりにしつつ、将来は売買するといった方法もおすすめです。