2020-09-30

世界遺産都市マラッカの新たなシンボルとなる開発プロジェクト「THE SAIL」

  • 海外不動産ニュース


マレーシアの古都マラッカの新たなシンボルとなるプロジェクト「THE SAIL」を2020年に日本に進出したマレーシアの不動産開発会社Sheng Tai Internationalが開発中です。

マラッカ海峡に面し、まるで帆船のような優雅な姿の「THE SAIL」は高さ250mを誇る9つの高層タワーが帆のように連なり、その中に5・6つ星ホテル、高級レジデンス、オフィス、高級ショッピングモールなどを有する大規模複合施設です。

2019年12月に開催された起工式にはマラッカ州政府の元首や知事をはじめ、世界各地から500名以上のゲストが参加しました。また完成前から既に「Prestigious Developer賞 2019」の最優秀建築賞、「ASEAN不動産アワード 2019」ベストアイコニック開発賞などの複数の建築賞を受賞しています。

マラッカ州初の6つ星ホテルや同州最大の10万㎡の高級ショッピングモール、59階に位置する長さ330mの空中歩道「スカイ・リング」、マラッカ海峡を一望する長さ約400mのルーフトップ・プール、併設される最大130店舗が入居するショッピング・ストリートなど、マレーシアおよびマラッカで最新・最大・最高規格の施設が建設され、さらにリゾートタイプのリタイアメント施設「Golden Heritage」や国際的サービス・オフィス「IWG(旧Regus)」など世界の一流企業が入居するなど、今後のマラッカのシンボルとしてマレーシア国内だけでなく世界から注目を集めています。

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000062141.html

 【30秒で完了】無料個別相談に申し込む

メルマガ会員登録を行う