タイのリゾート地プーケットでは、2021年7月1日よりワクチン接種済みの外国人観光客の受け入れを開始しました。到着後の14日間の隔離措置もなく、プーケット島内のみの移動が可能です。

感染の広がっていない地域からプーケット島への直行便であること、PCR検査の陰性証明書があること、位置情報アプリをインストールすることなどの条件がまだ多く残っているが、タイの観光業復興への第一歩として期待されています。

参照:https://fanclubthailand.co.uk/phuket-paves-the-way-to-reopening-thailand-without-quarantine/

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。