エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-11-19

マレーシア、住宅購入者向けクラウドファンディング・プラットフォームの検討を開始

  • 海外不動産ニュース

マレーシア政府は、2019年第一四半期までに初回住宅購入者向け不動産クラウドファンディング・プラットフォーム「FundMyHome.com(FMHC)」の運用を開始する意向であることを発表した。

世界初となるこの制度では、貯金や借入、またマレーシアの年金EPF(Employee Provident Fund)などを利用し20%の頭金の支払いができれば、住宅購入が可能になる。

残額80%については、インターネットを通じて資金の借り手と貸し手を結ぶ「ピア・ツー・ピア」を活用し、不特定多数の投資家から調達することができるようになる。マレーシアの証券監督当局が管理に当たるという。

資金調達が簡易化することによって、需要が拡大し、不動産市場で問題となっている供給過多も解消されると見られている。

政府与党は、「10年以内に100万件の低価格住宅供給」を選挙公約に掲げており、今回の制度が公約の実現に一役買う存在になることが期待されている。

投資家のリスクや返済が行われないなど制度に係る様々なリスクについては、ゼロとは言えないものの、借入金額が小さいなどの理由からリスクも少ないと政府関係者は話している。

【参照】Gov't to launch crowdfunding platform to help home buyers

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。


【無料】マレーシアの不動産ガイド
マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料ダウンロード資料:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1,500万円以上の利益を確定させた投資家が監修

マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1,500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

  • マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
  • マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
  • マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする