エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-08-06

米国ワールドトレードセンターにおいて、高層ビルの3WTCが完成

  • 海外不動産ニュース

2018年6月11日、アメリカ合衆国のニューヨーク市マンハッタン区に位置するワールドトレードセンターの敷地内において、高層ビルの「3ワールドトレードセンター(3WTC)」の完成セレモニーが行われた。

3WTCは、2007年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロによって破壊された、ワールドトレードセンターの再建計画に基づいて建設されたビルだ。

全高329メートルの80階建てで、ニューヨーク市内では5番目に高いビルである。建設費用は約27億ドルにのぼる。

同ビルの設計は、建築界のノーベル賞と称される「プリッツカー賞」を受賞した、イギリスの建築家のリチャード・ロジャースが手がけた。

当初の計画では、全高380メートルで4本の尖塔がデザインされる予定だったが、最終案では全高は329メートルに変更され、尖塔は建設されないことになった。

2008年1月に着工し、当初は2014年竣工予定であったが、ワールドトレードセンターの再建計画の紆余曲折に伴って工事は遅延し、2018年6月にようやく完成を迎えた。

装飾のように施された耐荷重システムと、時間をかけて冷却することで柔軟性を獲得した約1万枚のガラスパネルが同ビルの大きな特徴だ。

17階、60階、76階の3箇所に屋外テラスが設置されたほか、市内のストリートアーティストによるスプレー塗装の作品が展示された特別フロアも用意された。

ビルのオフィススペースには経営コンサルティング会社大手のマッキンゼー&コーポレーションなどが入る予定で、入居率も堅調に推移ししているという。

ワールドトレードセンターの再建計画に基づいて建設されたビルとしては、今回の3WTCのほかに、2013年に完成した、高さ288メートル64階建ての4WTCなどがある。

一方、敷地内には未完成の2つのビルがあり、テナントと融資を待っている状態だ。

センターの開発者、政府機関、テロの犠牲者の遺族など、様々な立場による紛争や停滞がある中で、今回のビルの完成は、センター全体の再建に向けての大きな一歩となりそうだ。

【参照】US$2.7 billion 3 World Trade Center – built at site of twin towers – opens after years of delay

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。


【無料】アメリカの不動産ガイド
アメリカ不動産について体系的に理解できる、「アメリカ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

安定した経済成長を遂げるアメリカ。

またアメリカは中古市場が流通が盛んで、メンテナンスさえしていれば
日本ほど資産価値が下がりにくいという。

今回は、そんなアメリカについて、

  • 不動産投資の可能性
  • 節税が期待できる減価償却の仕組み
  • 不動産投資をするのにおすすめのエリア

など、アメリカの不動産について27ページに渡り解説しています。

アメリカ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする