エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-07-26

1戸約97万円のコンドミニアム!?ベトナムの大手デベロッパーが格安住宅の開発へ

  • 海外不動産ニュース

ベトナムの不動産開発の大手で地場系コングロマリットであるビングループは、6月29日付けで、 同国の地方向けに1戸約97万円の格安住宅を開発する計画を発表した。

格安住宅の名称は「Happy Town」で、面積は30平方メートル以上、販売価格は現地通貨で2億VND(約97万円)となっている。

同住宅は、ハノイやホーチミンなどの発展した都市以外の地方で展開する【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
が特徴だ。工業団地が密集し、工場で働く労働者が多い地域を中心に住宅を供給するという。

同国の中でも特に工業が盛んな地域である、ベトナム北部の紅河デルタ地帯に位置するバクニン省、同国東南部に位置するドンナイ省、同ビンズオン省、の3省を中心に展開する予定だ。

ビングループによれば、ベトナム国内の工業団地や輸出加工区などで働く工場労働者は、全国で約280万人にのぼるという。

労働者数が増加する一方、その生活環境は劣悪で、粗末な貸し部屋に居住せざるを得ない状況が、従来から問題になっていた。

現地の工場労働者の収入で購入可能な住宅が地方に普及すれば、都市部に居住する所得に余裕がある層だけでなく、同国の住民が広く経済発展の恩恵を受ける機会になりそうだ。

【参照】ビングループ、1戸100万円の格安住宅を開発へ

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。