エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-07-14

マニラ、メゾネットタイプの住宅価格が上昇

  • 海外不動産ニュース

フィリピンでは、メゾネット型(1住戸が2層以上で構成される集合住宅)やタウンハウス型マンション(低層階建て集合住宅)の価格が上昇している。中央銀行の発表では、それぞれ前年比44.2%、13.8%の上昇率となっている。

マニラ首都圏のメゾネット型住宅においては、2018年第一四半期において、年間465.8%上昇という驚きの記録が確認された。四半期ベースでは、66.2%の上昇であった。首都圏以外の地域では、メゾネット型が6.1%、タウンハウス型が15.6%の上昇であった。

第一四半期の住宅不動産の価格は、フィリピン全体で上昇傾向にあったが、上昇ペースとしてはかなり穏やかであった。2018年第一四半期のすべてのタイプの住宅価格は、2.1%の上昇であった。昨年同時期と比較すると、伸び率は減少している。(2017年第一四半期:6.5%)

マンションの価格が2%上昇しているのに対し、戸建ての価格は0.6%下落している。

3月までの3か月間については、0.9%の下落を記録した。2017年第二四半期以来の大幅な下落である。

第一四半期における不動産価格指数は、116.3と推定されている。(2017年第四四半期:117.4)

【参照】Duplex home prices are taking flight in Manila

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
フィリピンのおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
東京で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら

【関連記事】フィリピンの不動産投資物件一覧
【関連記事】マニラの不動産投資物件一覧
【関連記事】セブの不動産投資物件一覧
【関連記事】ダバオの不動産投資物件一覧

【無料】フィリピンの不動産ガイド
フィリピン不動産について体系的に理解できる、「フィリピン不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

旅行先、移住先としても大人気のフィリピン。

近年は不動産投資先としても注目を集め、東京のわずか1/4の金額で首都マニラに高級コンドミニアムを購入することができます。

本ガイドでは、

  • フィリピン不動産のメリット
  • 不動産投資をするのにおすすめのエリア
  • フィリピン不動産の法規制

など、フィリピンにの不動産について24ページに渡り解説しています。

フィリピン不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする