エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-07-15

お化け屋敷が売れる!?大人気の香港不動産事情を調査

  • 海外不動産ニュース

香港の住宅不動産価値はうなぎのぼりであり、物件を求める人々はお化け屋敷のような物件でも喜んで購入するという。

いわゆる訳あり物件の割引については、2013年には30%程度であったのに対し、今年は10%程度にとどまっている。割引率はここ1年で急速に下がっているという。

香港では需要の高まりが著しく、市場も正常の状態を逸していると言っても過言ではない。人々は、訳あり物件でさえ躊躇することなく購入するため、不動産業界では熾烈な競争が繰り広げられているのである。

9月には、訳あり物件を含む576件の物件に対し、80,000件の応募があったという。

香港は、世界で最もコストがかかる都市として位置づけてられている。3ベッドルームタイプの物件の平均家賃は、13,000ドル(約140万円)以上/月となっている。

香港中心部で60平米の物件を購入するには、一流労働者でも20年ほどかかるのではないかと言われている。

中国には、亡くなった人の魂は住居に残存するという昔ながらの言い伝えがある。香港に住む人々は、この言い伝えと市場の現状との間でうまくバランスをとってきたとも言える。

人はいつか亡くなる。お化け屋敷と言われるような訳あり物件に住むことに対しても、特に気にしない人も多いのである。

【参照】Even haunted houses are possessed by Hong Kong’s property rally

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
東京で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら