エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-07-02

インドネシア中央銀行、不動産部ローンの条件緩和 若い世代への不動産所有を活性化させる狙い

  • 海外不動産ニュース

インドネシアの中央銀行は、同国の不動産部門を引き上げるための措置を検討する姿勢を示している、とジャカルタ・ポスト紙は報じた。

ペイリーワルジョ銀行総裁は記者団に対し、ローン・オブ・バリュー(LTV)比率の緩和を含む政策は、最終的に新世紀時代生まれの層による住居所有を改善し、投資家を不動産市場に引き付けるだろうと語った。

2年ぶりのLTV計画の緩和は、ファースト・ホーム・バイヤーと投資家を対象としている。

データによると、アパートと一戸建ての潜在的バイヤーは36歳から45歳であることを示している。この政策では初めての不動産を購入する層を奨励している。

中央銀行は最後に、インドネシア銀行が2016年に導入したインドネシア規制での不動産融資の金額に対する比率、不動産ファイナンスのためのファイナンスとクレジットまたは自動車ファイナンスのための融資についてLTV規則を緩めた。

支配的な規則の下で、商業銀行からのファースト・ホーム・ローンは少なくとも15%の支払い義務があり、セカンド・ハウスの借入金はプロパティのサイズに対して20%から25%を必要としているのが現状だ。

【参照】How Indonesia's central bank plans to boost the property sector

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
東京で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら