エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-07-02

世界中から注目を集めるイタリアの高級住宅 オーストリア、ニュージーランドの富裕層の間で人気

  • 海外不動産ニュース

イタリアの高級住宅(1,000万ユーロ以上=約13億円)の売り上げが急上昇している。今後数ヶ月で、低価格物件にも同じ現象が現れるのではないかと期待されている。

不景気の影響を受けてイタリアの住宅市場はしばらく低迷していたが、そこから力強い回復を見せた。不動産コンサルティング会社Knight Frankのウェブサイトにおけるイタリアの物件への問い合わせ総数は、前年比133%の増加となり、その多くは海外バイヤーからのものである。

海外バイヤーの45%近くはイギリスが占めており、続いてイタリア(15.1%)、アメリカ(11%)、オーストラリア(2.6%)、ドイツ(2.6%)、カナダ(2.4%)、スイス(2.3%)、デンマーク(2.2%)、オランダ(1.9%)、フランス(1.8%)となっている。

総選挙や金融危機、イギリスのEU離脱などの政治的また経済的な不安は見られず、バイヤーの不動産購入に対する意思決定には何ら影響を及ぼしていないということがわかる。

またイタリアのライフスタイルが、バイヤーの関心を集める要因にもなっている。母国から飛行機で数時間という好立地、さらに気候が良く、文化や風景も楽しめるなど、セカンドハウスとしての魅力が詰まっている。

注目すべきなのは、オーストラリアやニュージーランドのバイヤーの増加である。彼らの多くは退職が近い夫婦であり、ヨーロッパで働く子供たちと夏を過ごすための物件を購入するというパターンが多い。

都市としては、フィレンツェ、ローマ、ルッカなどが人気であり、問い合わせの40%を占めている。

【参照】Foreign residential buyers’ interest in Italy jumps

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
東京で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら