エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-07-08

フランスで安く不動産が購入できる都市リスト

  • 海外不動産ニュース

最も不動産価格が高いフランスの首都パリでは、わずか22㎡のアパートが212,000ユーロ(約2,700万円)となっている。ここ数年不動産ブームが続いているボルドー南西部の都市では 同じ金額で46㎡の不動産が取得でき、パリの次に不動産価格が高い都市になっている。

また、ニースでは同じ金額で50㎡の2ベッドルームアパートを購入することができ、サン=テティエンヌのセントラルシティでは、151㎡の大型アパートの購入も可能だ。この都市は近年人口が減少しており、失業率は20%を超えている。そのため、不動産価格は2008年から2017年の間に30%下落している。

一方、北西部の都市ル・マンでは118㎡の不動産を購入することができる。

ル・マンの次に不動産を安く購入することができる都市は、ノルマンディーのル・アーブル(111㎡)、まるで絵画のように美しい西フランスの都市アンジェと南フランスのニームである。 212,000ユーロの予算でアンジェとニームでは、バイヤーは各95㎡の広さの不動産を手に入れることができる。

212,000ユーロ(約2,700万円)で購入できる物件のサイズ(価格の低い順)

  • サン=テティエンヌ:151㎡
  • ル・マン:118㎡
  • ル・アーブル:111㎡
  • アンジェ:95㎡
  • ニーム:95㎡
  • ツーロン:92㎡
  • ディジョン:88㎡
  • ランス:84㎡
  • グルノーブル:82㎡
  • マルセイユ:74㎡
  • モンペリエ:72㎡
  • トゥールーズ:71㎡
  • レンヌ:69㎡
  • リール:67㎡
  • ストラスブール:64㎡
  • ナント:62㎡
  • ニース:50㎡
  • リヨン:47㎡
  • ボルドー:46㎡
  • パリ:22㎡

【参照】Compare: Which French city is the cheapest to buy property in?

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
東京で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら