エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-06-30

スリランカで最も高いビルが建設予定 中国の建設会社が開発

  • 海外不動産ニュース

中国の建設会社Zhongtian Construction Group Company Limitedは、現地デベロッパーの One Transworks Square(Pvt)Limitedと提携して、コロンボで「南アジアで最も高い超高層ビル」を含むThe Oneと呼ばれる3つのビルを建設している。

高さ376メートルで、トランスワークススクエアコロンボにあるビルは、現在建設中の350メートルのコロンボロータスタワーの記録を破る予定だ。

3つのビルの中で2番目の高さとなる高さ326メートルの80階建てのビルの敷地には、ザリッツカールトンホテルとザ・リッツカールトンレジデンスがある。 一番低いビルは 77階建てで、高さは291メートルとなる。

投資家のZhong Tian Ding Hui(ZTDH)社のジェネラルマネジャー、サム・ヒュー氏によると、2021年までに完成予定の3つのビルの魅力的なガラス建材がスリランカのランドマークになるという。

The Oneの開発敷地は450万平方フィートを多様な住宅、オフィス、高級ショッピングモール、多階建ての駐車場やスカイバーとヘリポートも誕生する予定だ。

なお、居住者や訪問者は、バイオメトリック住宅アクセスシステムやホームオートメーション、車両識別システムなどのスマート技術を利用することができる。

スリランカの世界貿易センター2は現在152メートルの高さを記録している。一方、インドのムンバイにあるザ・パレ・ロワイヤルは 320メートルの高層ビルとなっている。

【参照】Take a look inside what will soon be Sri Lanka's tallest tower

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
東京で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら