エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-06-26

AI(人工知能)は不動産エージェントの脅威になるのか?AIが人間にまさる3つのポイント

  • 海外不動産ニュース

不動産業者はすでにAIを利用してさらに良い案件や価格、そして良好な物件をキュレーションして購入者に情報を提供しているが、AIがどのように役に立つのか探ってみる。

1.大量の物件データベースの管理
機械学習アルゴリズムは、人間よりも膨大な量のデータを処理する上ではるかに優れている。 不動産業者は、不動産を売却するのに 何年もかかることがある。 しかしアルゴリズムでは、過去のデータから、何十年もの間の販売価格、自宅の価値、変数を見ることができる。 さらに、AIは、顧客の好みのデータによって個々のレベルでカスタマイズされた物件リストを作成することが可能である。

2.コスト効率
自動化が人間の仕事を取って替わっている理由は、安価な価格だ。 何千ものデータポイントを処理できる機械学習アルゴリズムは、 人間の仲介人よりはるかにコスト効率が良い可能性がある。 売り手は可能な限りできるだけ早期売却を希望し手数料を安く済ませることを求めている。 

3.客観性
AIアルゴリズムには、データに基づき客観的に意思決定が行われる。人間の不動産業者が進める物件は直感的か何か得があるからと思われることもある。しかし、AIが人間の不動産業者に完全に置き換わるという保証ははない。なぜなら、 幾つかの問題点があげられるからだ。

AIに代替されにくい仕事は?
住宅購入者の物件を決定する家庭は個人的でそして感情的でもある。内観をしている時に、感じたことなどを経験豊富な不動産業者と共有し、生身の会話をすることができる。

生身の不動産業者は今のところは人の感情を読みとることに長けており、得られた情報をたくみに操ることで、早く効率的に取引を成立することができる。人間はアルゴリズムの学習よりも個人的な経験を提供することができ、この点はAIが人間に取って代わることはできない。

【参照】Will Artificial Intelligence (AI) Replace Real Estate Agents?

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
東京で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら