エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-06-23

マレーシア高速鉄道計画の中止は、不動産市場に影響するか?

  • 海外不動産ニュース

クアラルンプールとシンガポールを結ぶハイ・スピード・レール(HSR)ラインは、両市場における消費者心理に影を投げかけていることから、この インフラ・プロジェクトに疑問が投げかけられている。

業界関係者によると、350キロメートルにもおよび 不動産開発をもたらしたこのプロジェクトの狙いは、マレーシアでの住宅投資価格を遥かに下回る可能性があると述べた。

HSRのキャンセルは、ナジブ・ラザック元首相によって 2016年に締結されたシンガポールとHSRラインの二国間取引にって勧められるシンガポールのウッドランズとジョホールバルのマレーシア国境沿線を結ぶ 輸送システムの計画にも影響を及ぼす可能性が出てきた。

なぜなら、新首相のマハティール・モハマドは、HSRラインは「不必要」で、マレーシアはこの計画のために巨額の費用が必要になる主張しているからだ。国会議員92人は、このプロジェクトから利益を生むことはできないだろうと述べている。

シンガポールは、プロジェクトのキャンセルには、マレーシアに約13.8億円(255万米ドル)のペナルティーを請求することができる。

複数のアナリストによると、このキャンセルによって短期的には、路線に近い不動産価格に影響が可能性があると見ている。

ジュロン湖水地方に投資している投資家は、実質的な利益を得るためには資産の長期保有の必要があるかもしれない。都市再開発当局は、HSRのシンガポールのターミナル周辺に建設されたこのエリアを新金融地区として整備している。

マレーシアで 建設計画がされている駅付近の不動産への需要は低くなる可能性があるが過激な下落にはならないだろうと、ジョーホール不動産住宅開発者協会(REHDA)会長のダトゥク・スティーブ・チョン・ユン・オン氏言っている。

2026年の完成を予定にしているHSRラインはクアラルンプールとシンガポールの間の移動時間を90分に短縮する。

【参照】How the end of the Kuala Lumpur-Singapore HSR project affects the property market

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
マレーシアのおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
東京で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中のおすすめ不動産セミナー一覧はこちら

【関連記事】マレーシアの不動産投資物件一覧
【関連記事】クアラルンプールの不動産投資物件一覧
【関連記事】ペナンの不動産投資物件一覧
【関連記事】ジョホールの不動産投資物件一覧