エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-06-14

交通網の発展が、バンコクのコンドミニアム市場にどう影響を与えるか?

  • 海外不動産ニュース

価格上昇と先細る不動産銀行が改善された交通網と相まって、バンコクのコンドミニアム市場のあり方を変えている。新たなプロジェクトが都市の中心地から離れる一方で、いくつかのエルアの過剰供給が売上高に引き続き重くのしかかる。

国際的不動産コンサルであるコリアーズインターナショナルタイランドによると、首都におけるバス網の拡大と鉄道の接続の改善により、ミドル・アッパーレンジの不動産開発が従来のダウンタウンエリアから流出している。

同社リサーチ部門のシニアマネージャーであるファタラッチャイ・タウィーオン氏は、4月、地元記者に対し、2013年に市場に投入された300,000戸に加え、およそ60,000戸が今年追加されると語った。

タープラとバンスーを結ぶバンコク・メトロのブルーラインの延伸が都市西部の開発を後押ししてきた。今年、同エリアにて9つのコンドミニアムプロジェクトが着手されるとされ、市場の中下層の供給を強化する。

一方、バンコク・メトロやスカイトレインにて既に接続されているトンロー地区では、最も多くの開発があり、3,300戸が追加される事になっている。同エリアの高い地価は、新たな開発がアッパーレンジのものとなることを示している。一方で、スカイトレインで接続されているバンコクの中心のパヤータイ地区は、今年2,000戸が供給準備されている。

依然として計画されているプロジェクト数は多いものの、コンドミニアム市場は既に供給過剰である。購入者がより価格と立地に厳しく慎重になり、2017年よりおよそ45,000戸が未成約となっている。


【参照】Improving Transport Connections Reshaping Bangkok’s Condominium Market

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。


【無料】タイ不動産ガイド
タイの不動産投資情報の動向をまとめた、

「タイ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。


無料EBook:タイ不動産ガイド
タイの不動産投資について10分で分かるガイドブック

タイの不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、

・タイのおすすめ不動産投資エリア
・不動産投資先としてのタイの可能性
・タイ不動産の税制・法制


などについて、を27ページに渡り解説しています。タイ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。


無料ガイドブックをダウンロード