エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-06-08

第一稀元素化学工業、ベトナム南部の子会社に新工場を建設

  • 海外不動産ニュース

化学工業製品の製造などを行う第一稀元素化学工業は、2月13日開催の取締役会において、ベトナム南部のバリアブンタウ省にある子会社に新工場を建設することを決議した。

投資額は約100億円で、着工時期は2018年3月、生産開始は2022年5月の予定だ。

同社のベトナムにおける子会社であるVietnam Rare Elements Chemical Joint Stock Company(VREC)は、同社の製品の主原料であるジルコンサンドの安定調達や、高品質ジルコニウム中間体の製造を目的として2012年3月に現地に設立された。

子会社の設立に伴ってバリアブンタウ省内の工業団地に建設された既存の工場では、ファインセラミックスの原料となるオキソ塩化ジルコニウム、自動車の排ガス浄化用触媒、燃料電池自動車の電解質などを製造して日本向けに輸出している。

今回の新工場の建設は、ジルコニウム中間体の安定供給と拡大が見込まれる自社製品の需要増加に対応するために、子会社であるVRECの生産能力の増強と事業の拡大を目的として決定されたものである。

新工場ではオキシ塩化ジルコニウムとジルコニウム化合物の製造が行われる。

第一稀元素化学工業は1956年に設立され、大阪市住之江区に本社を置いて化学工業製品の製造・加工や売買を行なっている企業である。全工程を一括管理してジルコニウム化合物の生産を行なっているのが特徴だ。

関連会社として、中国の上海市でジルコニウム化合物の販売を行う穂華(上海)貿易有限公司、山東省でファインセラミックス用の材料の生産と販売を行う山東広垠廸凱凱新材料有限公司などがある。


【参照】第一稀元素化学工業、ベトナムに新工場 100億円投資

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。





【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
ベトナムのおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
東京で開催中ののおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中ののおすすめ不動産セミナー一覧はこちら

【関連物件】ベトナムの不動産投資物件一覧
【関連物件】ダナンの不動産投資物件一覧
【関連物件】ハノイの不動産投資物件一覧
【関連物件】ホーチミンの不動産投資物件一覧


【無料】ベトナム不動産ガイド
ベトナムの不動産投資情報の動向をまとめた、
「ベトナム不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料EBook:ベトナム不動産ガイド
ベトナムの不動産投資について10分で分かるガイドブック

ベトナムの不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、

  • ベトナムのおすすめ不動産投資エリア
  • ベトナムで不動産を購入する6ステップ
  • ベトナム不動産の税制・法制

などについて、を21ページに渡り解説しています。ベトナム不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料ガイドブックをダウンロード