エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-06-06

タイのV・プロパティ・デベロップメント社、2019年に新規株式公開へ

  • 海外不動産ニュース

タイで高級不動産を扱うV・プロパティ・デベロップメント社が、2019年までにタイ証券取引所にて新規株式公開(IPO)に乗り出す方針であることがわかった。AEC証券がIPOの投資顧問に当たる。

IPOを行うことで、企業にとっては広く資金調達を行うことが可能となり、また知名度が上がり社会的な信用が高まるなどのメリットがある。

IPOを開始するまでに80億バーツ(約270億円)のプロジェクトを受注したい考えだという。

同社については、2017年の総収入が30億バーツで(約100億円)あったのに対し、今年上半期ですでに35億バーツ(約120億円)に届く勢いとなっている(前年比90%増)。

IPOによる収益については、今後の高級物件のビジネス展開や新規開発に充てられるという。

エリアとしては、バンコクの商業の中枢を担うスクンビット通りとBTS(バンコク鉄道)グリーンライン沿いの開発に重点を置いて進めていく予定だという。

 消費支出の増加、景気回復、公共交通機関の拡大、タイ政府が力を入れている「東部経済回廊」プロジェクトなどで、2018年の新規開発への需要は上昇傾向に向かうと予想される。

また2018年は新規開発プロジェクトがさらに増える予定であるため、不動産市場も健全化する見通しである。

一軒家やアパートに比べ、都会生活に憧れる人々にとってはマンションの方が人気であり、2017年第三四半期のマンション価格は最高値を更新した。


【参照】Thai Luxury Property Developer V Property Development To Launch IPO In 2019

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。




【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
タイのおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
東京で開催中ののおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中ののおすすめ不動産セミナー一覧はこちら

【関連記事】タイの不動産投資物件一覧
【関連記事】バンコクの不動産投資物件一覧
【関連記事】チョンブリの不動産投資物件一覧