エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] 「マレーシア不動産のキャピタルゲインの実績がわかる!期間限定無料配布中!」

2018-06-08

個性的な物件売却のための最善の方法とは?

  • 海外不動産ニュース

物件にはそれぞれ個性があり、いざ売却となるとどのような方法でアプローチするのが良いのか悩むことも多いだろう。

専門家は、建築様式、規模、歴史的意義など、その物件のどの部分に個性があるのかを絞り込むことが大切だと話す。また代理店を選ぶことも非常に重要な作業となる。ある特定の分野を強みにしている代理店もあり、それぞれが抱える顧客の層も変わってくる。

高級物件については、特別感をアピールするため、VIP対応または招待制の物件視察を行うのも一つの方法である。またソーシャルメディアの利用も有効である。

個性的な物件は、比較対象となる物件が少ないため、価格を付けるのが難しいと言われている。単に部屋数が多ければ良いというわけでもないが、例えば土地が広い、地下のガレージが大きいなどある特徴に需要があることも考えられる。バイヤーは個性的な物件について詳しくリサーチする傾向があり、市場が求めている個性、また必要とされていない個性を幅広い視野を持って見極めていく必要がある。

また希少性が物件の価値を上げることもある。オーストラリア・メルボルンでは練り土でできた変わった物件が短期間で取引された例がある。2009年に起きた森林火災による被害で、同じタイプの物件はほとんど残っておらず、その希少性が人気につながったと見られる。

また家具や小物でインテリアを演出し、マーケット向けの物件にするホームステージングも効果的である。レトロな物件にはレトロな雰囲気のインテリアなど、物件の特徴に合ったアレンジが必要となる。

物件の個性を改修したり取り除くのではなく、強みとして捉えることで良い結果が生まれることもある。個性的な物件はその「個性」にこそ価値があるのであって、表面的に飾り立てることで価格が上がるというわけではないのである。



【参照】What is the best way to sell a unique or unusual property?
海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。
メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。




【開催中のおすすめの海外不動産セミナー一覧】
東京で開催中ののおすすめ不動産セミナー一覧はこちら
大阪で開催中ののおすすめ不動産セミナー一覧はこちら