エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] カンボジア不動産の法制・税制をまとめた無料ダウンロード資料

2018-06-01

インカムゲインを狙えるアイルランドの低価格別荘

  • 海外不動産ニュース

オークションといえば、様々な入札者によって対象物件の価値がどんどん高まるイメージであるが、常にそのように高い価格がつくとは限らない。

アイルランドでは、景気後退の後、財産価値が暴落したが、現不動産価格が戻り、首都、ダブリンの主要な部分を中心にプライム不動産の価格が上昇している。

2011年と比較すると全く別の話となる。 当時、アイルランドの不動産を購入していれば、今後5年間で2倍以上の価値がある物件を入手していたことになる。

2013年にアイルランドの セールスオークションの1つに登場した1つのロットを例に挙げる。

ブロック全体は、実態価格を下回る380,000ユーロ (約4,900万円)を開始価格として販売されていた。 最終的には あまりにも安い金額の475,000ユーロで落札された。

2011年から2013年の間はリスクを考え、高値での入札をする購入者はいなかった。

本物件の年間の家賃収入はおよそ62,000ユーロで物件の取得価格を上回っている。不動産の持ち主が過去4年間で得られる賃貸収入は248,000ユーロに登る。

このような幸運な物件がなかなか見つからないのも事実である。

現在注目すべき買収物件では、ビーチと街に 近い、アイルランド南部のの小規模別荘で わずか45,000ユーロである。

物件には約1万ユーロの補修費がかかると予想できるが、 もし別荘に分類されている物件が長期賃貸に変更可能であれば 月額750ユーロ(US $ 930)、つまり16%のキャピタルゲインとなる。


【参照】An Irish vacation home for US$55,700 at auction

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。マガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。