エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-06-01

ヨーロッパ王室の5大資産家ランキング

  • 海外不動産ニュース

エリザベス女王2世が保有する純資産は5億アメリカドルから6億アメリカドルと推定されるが世界一の富裕者ではない。ヨーロッパの王室の中には、何十億ドルもの純資産を保有している層がいる。

ヨーロッパで最も裕福な5人のロイヤルファミリーの資産ランキングは以下の通り(外貨単位:アメリカドル)。


5.ベアトリクス女王、オランダ
純資産:200〜300百万ドル
女王は2013年に王位を棄権している。現在のオランダ王・アレクサンダー王は、公式訪問と海外ツアーの費用に4700万ドルの予算が割り当てられている。アレクサンダー王の資産は不動産、投資、シェル石油の株式などから構成されている。

4. エリザベス2世、イギリス
純資産:5〜6億ドル
英国王室の純資産は、不動産、芸術、投資から構成されている。純資産の大部分は、バッキンガム宮殿と王冠の宝石を含む宮廷不動産となっている。金融媒体のForbesによれば、エリザベス女王は私有財産を530百万ドルと推定している。2016年から2017年まで、女王は不動産賃貸元から約2000万ドルを受け取っている。

3.アルベール2世、モナコ
純資産:10億ドル
モナコのアルベール2世は、国の土地の約4分の1を所有していると言われている。アルベール2世は2016年に推定額75万4000ドルで母親グレース・ケリーのフィラデルフィア地区の家を購入している。資産にはアンティーク車やモンテカルロリゾート、株式。 高価な切手コレクションなどが含まれる。

2.アンリ大公、ルクセンブルク
純資産:40億ドル
給料はないが、1948年以来毎年約324,851ドルが付与されている。

1.ハンス・アダム2世、リヒテンシュタイン
純資産:50億ドル
ハンス・アダム2世は、給料の代わりに、270,709ドル相当の商品引換券を受けとっている。私有銀行、LGTグループ、リヒテンシュタイン財団を通じた投資から50億ドル相当の資産を保有すると言われている。その他、不動産、森林、ワイナリーの資産を持っている。


【参照】The 10 richest royal families in Europe, ranked

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。