エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] カンボジア不動産の法制・税制をまとめた無料ダウンロード資料

2018-05-29

マレーシアで最も手頃な不動産価格のマラッカ、さらに不動産供給を増加

  • 海外不動産ニュース

マレーシアの古都マラッカは政府が国内で最も不動産価格が良心的な場所として知られている、と同国の官僚であるアドリス・ハロン氏は言う。

例を挙げると北部の不動産価格がRM240,000(約667万円)なのに対しマラッカではRM80,000(約220万円)となっている。

マラッカは2017年に国内リサーチ機関のKhazanah Research Institute および世界銀行によってマレーシアで最も良心的な不動産価格を提供しているエリアに選定された。

同区ではすでに手頃価格不動産が38,000軒完成しており、さらに20,000軒の住宅が建設される。

国民は Peoples Housing Project (国民住宅計画)の取り組みによってRM42,000 から RM249,000の価格で寝室3室タイプの800スクエアフィートの広さから浴室が2つある1,500スクエアフィートのタイプの不動産が購入できることを歓迎している。

さらにマレーシア政府ではRM280万マレーシアリンギット の資金を投入して、老朽化した住宅の補修を行なっており国民が漏れなくこの住宅計画を利用して住宅を購入できるように取り計らっている。

一方、マラッカ住宅委員会は政府の余剰金をカンポンに充当し住宅環境の改善の遅れを取り戻す。

【参照】Melaka provides most affordable homes in terms of pricing

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】マレーシアの不動産投資物件一覧
【関連記事】クアラルンプールの不動産投資物件一覧
【関連記事】ペナンの不動産投資物件一覧
【関連記事】ジョホールの不動産投資物件一覧