エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-05-24

不動産投資リスクを軽減するための10の方法

  • 海外不動産ニュース

長期的な経済的利益と安定性のためには、不動産投資が有効な手段である。投資には必ずリスクが伴うものであるが、ではそのリスクを減らすためにはどうしたら良いのだろうか?

基本的なプロセスは変わっていないにも関わらず、昔と比べて不動産投資で利益を得ることはそう簡単なことではなくなってきている。このような時代にこそ、リスクを最小限に抑えることが大切になってくる。

・投資先に多様性を持たせる
例えば設計段階の物件に投資を始めたものの、その後市場が変わり不動産価値が減少するようなこともあるだろう。このようなケースでは、賃貸収入なしで(物件が建設途中であるため)売却する必要が出てくる。市場リスクを回避するためには、不動産関連以外の追加投資を行うことが有効である。

・最適なエリアを探す
不動産投資には、需要が高く供給制約があるエリアの物件が向いている。物件を売却する場合に備え、需要と供給2つの要素をきちんと確認することが大切である。

・徹底したリサーチ
リスク軽減にリサーチは必要不可欠である。経済動向を把握していなければ、金利変動に振り回されてしまう可能性がある。

・金利上昇に注意を払う
銀行の利率が自身の住宅ローンや投資家が利用できるローンに与える影響などを理解することが大切である。経済的ストレスを抱えないためにも、金利上昇に備えることが大切である。

・商業不動産を視野に入れる
初めての不動産投資に商業施設は不向きかもしれないが、将来的に投資を拡大したいと考える際、商業不動産がリスク軽減に役立つこともある。メリットもデメリットもあるが、住宅不動産投資よりも利益が大きく、また借用期間も長いとされている。

・地域性を知る
高所得者が多い地域は、地域市場も安定するため、不動産投資に向いていると考えられる。

・計画を立てる
明確な目的を持たないまま投資を行えば、利益拡大のチャンスを逃すことになる。投資物件を探す前に、アドバイザーらに相談することが重要である。

・ポジティブ・ギアリング
ネガティブ・ギアリング(オーストラリアの不動産投資における税制優遇策)は、10〜15年といった長期スパンで見ると必ずしも得策になるとは限らない。一時的に仕事などの収入源がなくなったとしても、ポジティブ・ギアリング(賃貸収入が投資額を上回る状態)である程度対応することが可能である。

・チームの結束
投資を行う際には、財務アドバイザー、会計士、弁護士、バイヤーとの仲介業者などの関係者と密接な関係を築くことが重要である。

・収入の範囲内での投資を行う
これは不動産に限らず、すべての投資において言えることである。自身の経済状況をしっかりと把握することが大切である。

【参照】10 WAYS TO REDUCE YOUR PROPERTY INVESTMENT RISK

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。