エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] 「マレーシア不動産のキャピタルゲインの実績がわかる!期間限定無料配布中!」

2018-05-21

マレーシアのアパレル会社、不動産投資会社を取得

  • 海外不動産ニュース

マレーシアのアパレル会社であるボニア(Bonia Corp)は、マハアジアキャピタル(Maha Asia Capital )の全株式を249万マレーシアリンギット(約7,000万円)で取得するため、大株主および執行役員であるChiang Sang Semと条件付株式売買契約を締結した。

マハアジアはボニアの完全子会社でありChiang氏はボニアの約46.81%を保有している。

同社は 不動産投資会社で、主な資産にクアラルンプールのジャラン・デリマの1階建てバンガローおよび1,403.74平方メートルの土地を所有している。 土地は現在、駐車場として使用されている。

ボニア社によると、マハアジアの株式取得によって同社の所有する不動産をプレミアム価格で売却することで482万マレーシアリンギットのキャピタルゲインを得ることができると言う。

さらに土地売却によって1500万マレーシアリンギットのキャッシュフローが生まれるため同社の銀行借り入れに充当することができる。

ボニアグループは、シンガポール、マレーシア、中国、台湾、日本、ベトナム、タイ、カンボジア、ミャンマー、インドネシア、ブルネイ、フィリピン、オーストラリア、香港、クウェートそしてサウジアラビアなどを含む国々に 1,200以上の販売店と185のブティックを 所有している。

当グループは、社内ブランドおよびその他の国際ライセンスブランドの下で、男性用と女性用の高級レザーウェア、シューズ、アパレル、アクセサリーおよびアイウェアの製品設計、製造、販売促進、マーケティング、流通、卸売および小売りに従事している。 また、商業用不動産の投資、開発、管理および賃貸ならびに食品および飲料サービスの管理も行っている。

【参照】Bonia to sell Maha Asia Capital for RM2.49mil

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。


【関連記事】マレーシアの不動産投資物件一覧
【関連記事】クアラルンプールの不動産投資物件一覧
【関連記事】ペナンの不動産投資物件一覧
【関連記事】ジョホールの不動産投資物件一覧