エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-04-25

アブダビの住宅市場は供給過剰状態 賃貸目的が狙いか?

  • 海外不動産ニュース

ドバイでは2017年から比較的安価な賃貸物件の借り手が増加しており、賃料のさらなる大幅な値下げが要求されるようになってきている。今年に入るとこのような傾向がアブダビでも見られるようになる。その理由はアブダビで増えている空き物件が起因している。

中東を拠点とする不動産管理会社Asteco Property Management の報告によると2018年の第一四半期には、ヤス島、アル・リーム島、アル・ラハ・ビーチエリアなどのいわゆる“投資地域”の住居供給は約1,600戸であった。高品質な新築物件への需要があった一方で、比較的安めの物件への需要は抑えられていたという。

一方賃貸料については、マンションで3%、戸建てで2%とそれぞれ下落しており、年間ではそれぞれ11%、9%のダウンとなった。しかしながら、上記の投資地域では、今後も多くの住宅プロジェクトが進められる予定となっていることから、住宅供給の増加が進み、供給過剰が引き起こされることが懸念されている。

2018年第一四半期のアブダビのサービス市場は5%増、またアラブ首長国連邦では中国人観光客が増えたことにより観光客数は前年より15%(約400,000人)成長している(インドやイギリスを抑え、中国人観光客はアブダビの海外事業のトップを占めている)。この背景には2017年のアブダビ文化観光局による中国のBaidu(中国最大の検索エンジン提供企業)への投資が影響していると見られている。

【参照】Why is Abu Dhabi residential Market oversupplied? Time to rent cheap?

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。