エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-04-13

超富裕層マレーシア人の約43%が海外不動産への投資に関心

  • 海外不動産ニュース

大多数のマレーシア人が高い物価と家計のやりくりに悪戦苦闘しているなか、超富裕層はさらなる富のために、多種にわたる不動産市場での投資に関心を持っている。

不動産コンサルタント企業ナイトフランクによると、超富裕層マレーシア人の約43%が海外不動産への投資を計画しているという。

この数字は、同社が先日のウェルス・レポート2018で発表した、「海外不動産投資への投資に関心がある」と回答した富裕層の世界平均34%よりも高い数字である。ここで提案されている「資産購入」とは自身の住まいやセカンドホームを除いた、純投資の数字である。

レポートによると、45%以上のマレーシア人富裕層は、投資のために国内の不動産購入も考えているという。この数字も世界平均の43%を上回っている。

UHNWIs(超富裕層ランキング)に取り上げられるマレーシア人が好む海外不動産は、オーストリアやシンガポール、イギリスである。

UHNWIsにランクインされる超富裕層は、個人の純資産が5千万米ドルを超える人物だと定義されている。

マレーシアの超富裕たちが特に興味のある投資分野は、これまではあまり耳にしなかった学生寮の建設である。不動産ニュースを提供するザ・エッジ社はナイト・フランク・マレーシア社常務取締役のジェームズ・バックリー氏の言葉を引用している。

「マレーシア人は不動産投資にかなり精通しており、国外の多様性にも目をつけている。イギリス不動産市場では、学生寮が5年間以上トップ人気を誇っている。何故ならイギリスの不動産物件の中で最も高い賃貸利回りだからだ。学生数が増加する一方で住宅は不足している、このような事情から学生寮の利回りと占有率は大きく成長している。」

ナイト・フランク・マレーシア社国際プロジェクトマーケティング・アソシエイトディレクターのドミニク・ヒートン=ワトソン氏はザ・エッジ社にこのように語った。「教育分野はイギリス市場において常に重要なキーであり、依然として強力です。また教育分野は経済状況にあまり左右されないため、投資家たちにとって魅力的である。」


【参照】Malaysia’s super rich top global average in property investment plans

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】マレーシアの不動産投資物件一覧
【関連記事】クアラルンプールの不動産投資物件一覧
【関連記事】ペナンの不動産投資物件一覧
【関連記事】ジョホールの不動産投資物件一覧

【無料】マレーシアの不動産ガイド
マレーシアの不動産情報投資に成功した投資家の体験を基にした、「マレーシアの不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

無料ダウンロード資料:マレーシア不動産ガイド
マレーシアの不動産投資で1,500万円以上の利益を確定させた投資家が監修

マレーシア不動産投資に関して信頼できる情報を見つけるのに困っていませんか?

本ガイドブックでは、当社経由でマレーシア不動産投資を行い、実際に1,500万円以上の利益を確定させた投資家の監修のもと、

  • マレーシア不動産投資物件6つの値上がり事例
  • マレーシアは不動産投資先国としてどう評価できるのか?
  • マレーシア不動産投資の5つのメリット

などについて、40ページに渡り解説しています。マレーシア不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする