エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] 「マレーシア不動産のキャピタルゲインの実績がわかる!期間限定無料配布中!」

2018-04-10

ベトナム人投資家による、オーストラリア不動産の購入が増加

  • 海外不動産ニュース

ベトナムの不動産会社は、メルボルンのケンジントンエリアにおける競馬場の集合住宅プロジェクトを取得するために600万ドル(6億2,400万円)を投じた。これは、ベトナムの企業がオーストラリアの住宅市場において地元の大手の投資家と競い、プロジェクトを進めた初めての事例となった。

ナイト・フランク・インベスターズ社のダニー・クラーク氏は、今年のはじめより、オーストラリアの不動産市場に興味を示していた。投資家の大多数は依然として中国からである一方、台湾やベトナムからの注目度の上昇を感じている。

ある事業体は直近、1800万ドル(18億7,200万円)を酪農場の取得に投じ、またある不動産グループは1610万ドル(16億7,400万円)をシドニー中心部におけるホテルプロジェクトの取得に投じた。

アイウェルス・プロ・プロパティ・コンサルタント社のグエン・レ・ヴァン氏は、多くのベトナム人が、海外で勉強をする子供の住居の確保や、市民権の獲得といった複数の事情により海外不動産の購入を急いでいると言った。また、ヴァン氏は、シンガポール、米国、カナダに加え、ベトナム人の資金がオーストラリアの市場に流れ込んできていると述べた。

オーストラリアにおけるベトナムの事業や個人を支援する動きの中で、ベトナムにおける4大商業銀行のひとつであるベトコムバンク社は、ラオスと米国に加えてオーストラリアへの支店の開業を検討している。3月には、ベトナムとオーストラリアが、2国間の投資の促進につながるCPTPPへ正式に署名した。

一般的に、オーストラリアにおける不動産は、高い安全性、低いリスク、そして市場の透明性を理由にベトナム投資家を魅了している。しかしながら、アナリストによると、ここ数年で不動産価格は上昇しており、短期的な利益は魅力的でない。さらに、ドル高の結果としての利率の上昇傾向も、市場に圧力をかけている。

ロアロジック社によると、シドニーの住宅価格は2017年に3.1%と僅かに上昇したが、2015年および2016年における二桁成長に比べると遥かに低いものであった。とはいえ、オーストラリアの住宅価格は依然として高く、一人あたり平均収入の13倍高価である。一方で、高収入の人々にとってはオーストラリアにおける投資は良い選択である。

関連して、NARのレポートによると、2016年4月から2017年3月の前会計年度に、外国人が米国において284,455戸の不動産商品を購入するために1,530億ドル(15兆9,120億円)を投じたという。

【参照】 Vietnamese investors buy more Australian property

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。