エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-04-10

不動産登記にブロックチェーンのシステムを導入、 ZWEISPACEが国内でリリース

  • 海外不動産ニュース

不動産アプリなどを提供するZWEISPACE JAPANは、不動産業務にブロックチェーン技術を導入した、物件売買の管理システムの提供をスタートした。今回のシステムに使用されるツールは、同社が商標登録した「お不動くん」シリーズの第1弾で、ブロックチェーンによる効率的な登記サービスを実施するものだ。

同社は、最先端のテクノロジーの1種であるブロックチェーンについて、早くから実験や実証を行っており、今回のシステムについての特許も取得している。

ブロックチェーン技術について、捏造や操作が難しい優れた記録台帳としての機能を有することに着目し、不動産業界での実用化に向けて調査と研究を積み重ねていたものだ。2018年を迎え、不動産取引後のタイミングでのブロックチェーンによる登記サービスを、本格的に開始した形だ。

パートナーの各不動産会社と連携することで、ブロックチェーンに物件の取引に関する情報などの登記を実施している。システム上の不動産登記の適正については、司法書士法人等と連携することで担保する方式だ。

法務局などの機関で登記を行う従来の制度においては、平日の受付時間の制限やタイムラグなどが存在していたが、ブロックチェーンの採用によって、24時間365日の受付と即時性のある登記が可能となった。

システムの導入によって直近の申請状況などを確認できるようになる他、IoT情報をブロックチェーンに組み込むなどの先端技術の導入によって、二重売買や不正取引の防止、証書の偽造の禁止、全国の空き家物件の解消など、不動産登記に関する諸問題への効果も期待されている。今後、パートナーの各不動産会社を通じて、国内でのサービスの受付と認知を推し進めていく形だ。

同社は、不動産テックと組み合わせたブロックチェーンの活用について、諸外国のビジネスパートナーとも商談に入っている。日本国外の外国人登記の不便性、登記完了の遅さ、帳簿保管などのセキュリティーの問題、などの現状を解決するためのサービスを展開し、世界をリードしていく構想だ。

【参照】特許取得済、世界初、不動産取引をブロックチェーン登記サービス開始

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。