エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-04-06

アイルランドの住宅価格、四半期で2.5%上昇 平均価格は約4,820万円に

  • 海外不動産ニュース

アイルランドの大手不動産サイトDaft.ieによって発表されたレポートによると、2018年第一四半期の平均住宅価格は、ダブリンにおいては2.3%上昇し368,356ユーロ(約4,820万円)に達したという。アイルランド全体で見ても2.5%上昇しており、平均価格は247,000ユーロ(約3,230万円)であった。

ダブリンに次いで2番目に大きな都市コークと西部のゴールウェイはそれぞれ、0.3%と0.1%とわずかな上昇率であったのに対し、第三の都市リムリックと南東部のウォーターフォードはそれぞれ、2.1%と2.4%の上昇が見られた。

主要都市の2018年第一四半期の平均住宅価格は下記のとおりである。

・ダブリン:368,356ユーロ(約4,820万円) 8.4%上昇
・コーク:261,494ユーロ(約3,420万円) 1.7%上昇
・ゴールウェイ:273,466ユーロ(約3,580万円) 3.1%上昇
・リムリック:180,670ユーロ(約2,360万円) 3.7%上昇
・ウォーターフォード:164,930ユーロ(約2,160万円) 7.5%上昇

ダブリン大学トリニティ・カレッジの経済学者のRonan Lyons氏は、「アイルランドの住宅市場は需要に対して供給が追い付いておらず、そのため住宅価格が上昇している。不動産取引の件数や物件数はわずかながら増えており、これは良い傾向であると言える。しかしながらここ5年間消費者価格は変わっていないのに対し、住宅価格は50%近く上昇した。そのため、国民にとって住宅が手に届かないものとなることが懸念される」と話す。

不動産の需要は依然として高く、現在もDaft.ie上で毎分1,000件程度の物件が検索されているという。

【参照】Average house prices in Dublin now a massive €368,356

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。