エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] 「マレーシア不動産のキャピタルゲインの実績がわかる!期間限定無料配布中!」

2018-04-03

世界の投資家にPR、ドバイの不動産イベント「ドバイ・プロパティ・フェスティバル」が開催

  • 海外不動産ニュース

4/9-11の3日間、ドバイ・ワールド・トレード・センターにて開催される不動産イベント「ドバイ・プロパティ・フェスティバル」。インフォルマ社が毎年9月に開催する「シティスケープ・グローバル・カンファレンス」と肩を並べるイベントになると言われているが、アラブ首長国連邦(UAE)の不動産市場もこのイベントの影響を受け、盛り上がりを見せていくことになるだろう。

ドバイ国土庁が企画するこのイベントは、投資家にUAEの不動産をアピールする目的で開催される。

またドバイ国土庁長官Sultan Butti bin mejren氏は、「ドバイの不動産市場は勢いがあり、ハイリターンが期待できる投資物件など、海外から注目を集めている。」と話す。

昨年の投資利益率は、ドバイのマンションで7%、ヴィラで5%であったという。

ドバイ国土庁長官補佐のMajida Ali Rashid氏は、「ドバイは不動産投資の観点から非常に魅力的な都市である。ここ数ヶ月イベントが開催されている世界中の地域、中国、ロシア、中央アジアなどのキーとなる新興市場や、イギリスなどの先進市場でも、常に投資家の注目を集めている。さらに投資家の方には、魅力的な価格設定と支払いプランが用意されており、これによりハイリターンが期待できる。」と話す。

ジョーンズ ラング ラサールによる最新の報告では、ドバイは直接投資(企業が株式取得、工場を建設し事業を行うことを目的として投資すること)においても世界トップクラスとなっているという。
2017年には総額2,850億UAEディルハム(約8兆1,230億円)、約9,000件の不動産取引があったという。

【参照】ドバイ・プロペリティー・フェスティバルが市場拡大をもたらす、DLD

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。