エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-03-20

オーストラリア、住宅の値上がりによって若年層のホームレス人口が増加

  • 海外不動産ニュース

住宅値の上昇に伴って、オーストラリアの各州、準州、特別地域の都市部において、過去10年間の若年層ホームレスの人口が急激に増加している。

オーストラリアの公共放送局ABC放送の、若者向けのラジオ放送局であるJJJが、豪政府統計局(ABS)による国勢調査の最新の情報を報道した。

2006年から2016年までの10年間における、19歳から24歳までの若年層のホームレス人口の増加率は、以下の通りとなっている。

NSW(ニューサウスウェールズ州)+117%、VIC(ビクトリア州)+66%、QLD(クイーンズランド州)+13%、SA(南オーストラリア州)+23%、WA(西オーストラリア州)+2%、TAS(タスマニア州)+71%、NT(ノーザンテリトリー準州)-15%、ACT(オーストラリア首都特別地域)+64%、豪全土+46%。

一方、2011年9月から2017年9月までの6年間における、各地域の住宅不動産価格の平均上昇率は、NSW+65%、VIC+44%、QLD+17%、SA+17%、WA0%、TAS+21%、NT-16%、ACT+22%、豪全土+39%となっている。

オーストラリア最大の都市であるシドニーを州都とするNSW(ニューサウスウェールズ州)や、オーストラリア第二の都市メルボルンを州都とするVIC(ビクトリア州)において、上昇率は特に高い数値を示している。

また、各地域のホームレス人口の増加率と住宅不動産価格の平均上昇率の数値に高い類似性があることから、両者のデータに相関関係があることが見受けられる形だ。

貧困層の支援を行うカトリック教会の国際的組織である、ヴィンセント・デ・ポール・ソサイエティ(SVP)のCEOジャック・ド・グルート氏は、「各州の経済的な繁盛から取り残されている人々が大勢いるのが現状だ。オーストラリア政府は、この住宅危機に対処するために適切な措置をとらなければならない。もっと公共住宅が必要になる」と述べた。

オーストラリアの人口は、それぞれの州都に極度に集中しているという特徴がある。都市部における住宅コストが増加するとともに、経済的な弱者を保護するための公共住宅の比率は低下していくことになる。

「ホームレス・オーストラリア」によると、公共住宅への入居を待っている人々は、オーストリア全土で20万人存在している。ホームレスの人々に宿泊施設を斡旋する団体では、住宅が不足しているために、1日あたり250人の希望者を断らなければならない状況だという。

ホームレス全体の人口が増加しているだけでなく、若年層のホームレスの人口比も上昇しているのが現状だ。ホームレス人口の5人のうち2人までが25歳未満の年齢で、これは1万人あたり62人から72人の割合になっている。

NSW(ニューサウスウェールズ州)のホームレス人口は全体で70%増えているが、25歳未満のホームレス人口では117%の数値で増加している。

ケビン・ラッド首相による当時のオーストラリア与党である労働党連邦政権は、2020年までに全土のホームレス人口を半減することを約束したが、2013年のトニー・アボット首相の自由党への政権交代もあり、ホームレス人口は未だ増加しているのが現状だ。

【参照】長年の住宅不動産ブームで若年ホームレス激増 住宅値上がり率と相関するホームレス増加率

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。