エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-03-16

矢作建設工業、インドネシアの分譲マンション市場に参入

  • 海外不動産ニュース

マンション建設や不動産開発などを行う矢作建設工業が、海外に進出して現地の不動産開発に参入する。

同社は、不動産物件の仲介などを行う子会社の矢作地所を通じて、三菱商事が保有するインドネシアの法人に出資し、現地で本格的に分譲マンション事業を実施する。

矢作地所は矢作建設工業の連結子会社で、東海エリアを中心に日本各地で数多くの分譲マンションを供給している。

同社は分譲マンション事業者として培ってきたノウハウと情報量があり、今回のインドネシアでの分譲マンション事業にも活用できる形となる。

三菱商事のインドネシアの現地法人への出資額は12億円で、出資比率は25%となっている。事業規模や販売目標などの各データは公開されていない。矢作建設工業が属するグループからの現地への人材の派遣も未定となっている。

インドネシアは5%前後の安定した経済成長が続く国で、経済的な発展に伴って今後も住宅市場の拡大の継続が見込める地域にあたる。

日本は少子高齢化に伴う人口減などで、住宅市場においては将来的に大きな成長が困難な現状にある。

同社は今回の海外事業への参入によって、新たな成長源を新天地に求めることになった形だ。

インドネシア以外にも、東南アジアを中心とした海外市場において有望な国や地域があれば、更なる進出も検討するという。

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。