エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-03-22

ニューヨーク ハレッツ・ポイント・プロジェクトが選考抽選会を開始

  • 海外不動産ニュース

ニューヨーク・アストリアで進められている大型プロジェクト「ハレッツ・ポイント」。先日その完成予想図が公開されたばかりだが、プロジェクト内の手頃な物件について、このたび住居者を抽選で選出する「選考抽選会」を開始することがわかった。

7つのビルの建設が予定されているハレッツ・ポイントの最初のビル「10ハレッツ・ポイント」には405ユニットが予定されており、うち81ユニットはアフォーダブル物件となる予定である。

アフォーダブル物件のタイプは、スタジオルームタイプ(キッチン付ワンルーム)から3ベッドルーム・バリアントタイプ(キッチン付リビングルーム+寝室3部屋)まで様々である。家賃はスタジオタイプで月々$947、3ベッドルームタイプで$1,414となっている。広いファミリー層をターゲットとしており、所得要件は年収$34,355から$66,420程度となる予定である。

総面積25,000平方フィートを有するこのプロジェクトは施設面も充実しており、アウトドアテラス、フィットネスセンター、子供用プレイルームなどが利用可能である。ハレッツ・ポイント・プロジェクト全体としては2,000戸の住居を開発予定だが、そのうちおよそ400戸がアフォーダブル物件となっている。

アフォーダブル物件の入居希望申請は、2018年5月7日までの受付となっている。

【参照】Astoria's Halletts Point megaproject launches first affordable housing lottery

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】アメリカの不動産投資物件一覧
【関連記事】テネシーの不動産投資物件一覧

【無料】アメリカの不動産ガイド
アメリカ不動産について体系的に理解できる、「アメリカ不動産ガイド」をPDF形式で無料で提供しています。

安定した経済成長を遂げるアメリカ。

またアメリカは中古市場が流通が盛んで、メンテナンスさえしていれば
日本ほど資産価値が下がりにくいという。

今回は、そんなアメリカについて、

  • 不動産投資の可能性
  • 節税が期待できる減価償却の仕組み
  • 不動産投資をするのにおすすめのエリア

など、アメリカの不動産について27ページに渡り解説しています。

アメリカ不動産投資について、必要なノウハウ収集にご活用ください。

無料で資料をダウンロードする