エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

[PR] 「マレーシア不動産のキャピタルゲインの実績がわかる!期間限定無料配布中!」

2018-03-13

米国ホテル管理企業「インターステート・ホテル&リゾート」、西ヨーロッパに進出

  • 海外不動産ニュース

インターステート・ホテル&リゾートはアメリカ・バージニア州を拠点とするフランチャイズホテルの管理企業であり、自社ホテルとリゾート施設を運営するグローバル企業でもある。

国際的な営業拠点として12軒の新しいホテルのオープンを発表した。同社のホテルが最初にオープンしたのはフランスである。インターステート社は、オランダ拠点でベルギー、ドイツ、フランスなどの西ヨーロッパに規模を拡大しているボレアリス・ホテル・グループと同意を得て長期間でのホテル・マネージメント、開発、リース契約を行う。

ボレアリス・ホテル・グループのCEOであるバート・ファン・デ・カンプ氏は「インターステート社が我々のホテルを管理会社として選んでくれたことには誇りを持っている。」と述べた。

現在、総客室数314のイビス・バジェット・アムステルダム・シティ・サウスや63客室のホテル・インディゴ・ザ・ハーグ・パレス・ノールドアインデなどの物件を2018-19年にオープンさせる予定である。

そして中・高所得層向けにハイクオリティでスタイリッシュなサービスを行う、インターコンチネンタルホテルズグループ、マリオット、ヒルトンなどのブランドによるフランチャイズは、総客室1,732室にのぼり、オランダやベルギー、フランスなどの一流のロケーションで運営している。

インターステート・ホテル&リゾート社のCEOであるマイク・デイトマイヤー氏は「欧州エリアはインターステートにとって戦略的な成長が見込めるエリアである。このような経験と委託、熱心な出資者、開発・経営パートナー達と共に、私達のポートフォリオが広がることを嬉しく感じている。」と語る。

また同氏は「グローバルな拡大戦略を行う時が来た。私達は先導する独自のプラットフォーム、強靭な産業的結びつき、金融に特化した財務管理を元に、地域の経営サポートをさらに高め続けていきたい。これらは最高の成果と素晴らしい体験をゲストへ届けることになるだろう。」と続けた。

EMA地域の開発と買収を担当しているインターステート副社長のアーロン・グリーンマン氏は「素晴らしい評判と開発業績、ブランド力のあるフランチャイズのコミュニティを持ち合わせているパートナーと提携出来ることに、満足している。私達の成功はオーナーの成功であり、マネージメントの結果を届ける責任をこの業界内で持たなければならない。西ヨーロッパ市場を一緒に拡大し続けていくことを楽しみにしている。」と述べた。

【参照】Interstate Hotels & Resorts Expands Footprint in Western Europe

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】アメリカの不動産投資物件一覧
【関連記事】テネシーの不動産投資物件一覧