エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能【資料ダウンロード】カンボジアおすすめ物件

2018-03-07

ドイツ・ミュンヘンのGLL不動産がオーストラリアに初オフィスを購入

  • 海外不動産ニュース

ドイツ・ミュンヘンに拠点を置くGLL不動産パートナーズは、初めてオーストラリアにオフィスを購入した。

同社は、シドニーの不動産会社であるマープロップ社とパートナーシップを結んだ。

不動産情報マガジンIPE・レアル・アセット誌によると、マープロップ社は1平方メートルあたり800オーストラリア・ドルの運用資産であるブティックを管理しており、オーストラリアのGLL不動産支店、そして運用会社として活動する予定だ。

しかしマープロップ社がシドニーの北方にある別のオフィスビルに共同出資したかは定かではない、と記載されている。

GLL社がこのシドニー北方のウォーカー通り157番の物件を購入するかは今月末には決定される。

これによってGLL社がシドニーでの投資活動の継続に前向きなのかをうかがい知ることが出来る。

先月、MIRA社はGLL社と共にヨーロッパとアメリカ地域の不動産持分プラットホームを共有することに同意し、サインをした。

この2大グループの合併はヨーロッパとアメリカ合わせて106億ドルもの資産を運営していくこととなる。

GLL社は今後も自社ブランドのまま事業を続けていく。

この合併は規制と合併承認の対象となる。今年の第2四半期には完了すると見込まれている。

【参照】Munich-based GLL Real Estate buys first office asset in Australia

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。