エリア

建物タイプ

価格帯 (null)

専有面積

ベッドルーム数

想定利回り

フリーワード

【好評分譲中】カンボジアの首都一等地・利回り保証付き物件!1000万円台~購入可能

2018-03-01

シャープ、ベトナムの太陽光発電所の建設を現地法人から受注

  • 海外不動産ニュース

シャープは、ベトナム現地にある太陽光発電施設(メガソーラー)の建設を、現地法人のGia Lai Electricity Joint Stock Companyから受注した。

Gia Lai Electricity Joint Stock Company(GEC社)は、太陽光、水力、風力など、自然界に存在する再生可能なクリーンエネルギーを活用する事業を行なっている。

GEC社は、エネルギー、不動産、教育などの複数の事業を展開する複合企業である、Thanh Thanh Cong Group(TTCグループ)の傘下にある。シャープ、GEC社、TTCグループの3社は、2月23日に現地で調印式を行なった。

シャープが今回受注した発電所は、ベトナムの北中部に位置するトゥアティエン・フエ省の敷地内に設置される。今回の発電所は約48MW-dcの高い出力を有しているのが特徴で、一年間における予測発電量は約61570MWhとなっている。

ベトナムの普通家庭における一般的な一年間の消費電力量で換算すると、約32628世帯分(1世帯当り1887kWhとして)にあたる規模となっている。

ベトナム国内における太陽光発電のエネルギーを利用した施設の容量について、ベトナム政府は2030年までに12000MWに増加させることを計画している。

シャープは、今回の発電所の建設をきっかけとして、ベトナム各地において太陽光発電所の設立を提案することに邁進し、太陽光をはじめとした再生可能エネルギーを更に普及させることに積極的に貢献していくとする。

【参照】ベトナムにおいて太陽光発電所(メガソーラー)の建設を受注

海外不動産の最新動向が届くメールマガジンの登録はこちら。

メルマガ会員登録を行う

セカイプロパティ編集部
海外不動産投資に関する最新情報を発信中。



【関連記事】ベトナムの不動産投資物件一覧
【関連記事】ダナンの不動産投資物件一覧
【関連記事】ハノイの不動産投資物件一覧
【関連記事】ホーチミンの不動産投資物件一覧